新着記事

ピエール・ブーレーズ・ザール ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 【ビジネスの極意】「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン お葬式をどう考えるか|『和尚が教える 極上のお葬式』 「葬式不要論」「直葬」、お葬式をどう考えるか?|『和尚が教える 極上のお葬式』 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

南部鉄器のごはん鍋2合

玄米もふっくら炊き上がる。

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世紀の中頃に、南部藩主が京都から鋳物職人を呼び寄せ、茶の湯釜を作らせたのが始まりとされる。

紹介するのは、南部鉄器製のごはん鍋だ。肉厚の鉄器は蓄熱性が高く、どっしりと重い蓋が高い気密性を保つ。強火で一気に加熱することで米が対流し、むらなく炊き上がる。米の芯までしっかりと熱が入り、蓋を取ると香ばしい湯気とともに、粒立った炊きたてごはんが現れる。噛みしめれば、上品な甘さを感じる。

日頃は電気炊飯器を使っていても、たまには鉄鍋でごはんを炊くのも贅沢というもの。これから新米が出回り始める。お気に入りの銘柄米を本品で炊き、季節の味覚を堪能していただきたい。

南部鉄器のごはん鍋2合

気密性の高い本体と蓋ふたにより、食材のうま味を封じ込める。本体には噴きこぼれを受け止めるツバが付く。

【今日の逸品】
南部鉄器のごはん鍋2合

岩鋳(日本)
8,640円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日…
  2. 木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン
  3. リンゴのアロマポット|木のぬくもりにあふれたアロマディフューザー…
  4. 久慈の琥珀の御念珠|やわらかく心安らぐ上質な琥珀の御念珠
  5. 招福 健康パートナー|手のひらで福の神が戯れ、健康と福運を願う
PAGE TOP