サライ.jp

南部鉄器のごはん鍋2合

玄米もふっくら炊き上がる。

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世紀の中頃に、南部藩主が京都から鋳物職人を呼び寄せ、茶の湯釜を作らせたのが始まりとされる。

紹介するのは、南部鉄器製のごはん鍋だ。肉厚の鉄器は蓄熱性が高く、どっしりと重い蓋が高い気密性を保つ。強火で一気に加熱することで米が対流し、むらなく炊き上がる。米の芯までしっかりと熱が入り、蓋を取ると香ばしい湯気とともに、粒立った炊きたてごはんが現れる。噛みしめれば、上品な甘さを感じる。

日頃は電気炊飯器を使っていても、たまには鉄鍋でごはんを炊くのも贅沢というもの。これから新米が出回り始める。お気に入りの銘柄米を本品で炊き、季節の味覚を堪能していただきたい。

南部鉄器のごはん鍋2合

気密性の高い本体と蓋ふたにより、食材のうま味を封じ込める。本体には噴きこぼれを受け止めるツバが付く。

【今日の逸品】
南部鉄器のごはん鍋2合

岩鋳(日本)
8,640円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア