卓上で気軽に日本酒を燗付けできる錫の酒器『ミニかんすけ・匠』

付属のちろりも能作による錫製。熱伝導率がよく素早く燗がつけられる。

付属のちろりも能作による錫製。熱伝導率がよく素早く燗がつけられる。

近年、各地に意欲的な蔵元が増え、日本酒のレベルがぐんぐん上がってきた。そんな銘酒をじっくり愉しむための、錫製の酒器をご紹介しよう。

卓上で燗酒が作れる『ミニかんすけ・匠』。錫製のちろりに酒を入れ、湯を注いだ陶器に浸すと2〜3分程度で燗がつけられる。湯煎のため必要以上に熱くなりすぎない。日向燗(30℃前後)、人肌燗(35℃前後)、ぬる燗(40℃前後)……。燗の具合を確かめながら夕餉の一献を愉しみたい。

陶器に湯を注いでちろりを浸せば、常温の酒1合が2〜3分で飲みごろとなる。陶器の大きさは径10.5×高さ14cm。

陶器に湯を注いでちろりを浸せば、常温の酒1合が2〜3分で飲みごろとなる。陶器の大きさは径10.5×高さ14cm。

商品名/ミニかんすけ・匠
メーカー名/サンシン(日本)
価 格(消費税8%込み)/27,000円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で