遠近両用単眼鏡

屋内から野外まで使える、万能型の単眼鏡。

美術館などを訪れた際、胸ポケットに入れておくと役立つのが単眼鏡だ。展示作品に近寄れないときも単眼鏡があれば、絵筆のタッチまで間近に確認することができる。お寺巡りのときは、単眼鏡で仏像の表情をじっくり鑑賞、野山歩きでは望遠鏡として使える。

手のひらに隠れるほどの大きさなので、持ち運びは負担にならない。付属のストラップで首にかけておけば、すぐに使うことができる。春の外出の装備品として単眼鏡は実に有用、ポケットにしのばせておきたい。

遠近両用単眼鏡

最短焦点距離は80cmなので、美術館や博物館など屋内でも使える。作品の細部まで鑑賞し、新たな発見を楽しむことができる。

【今日の逸品】
遠近両用単眼鏡

東京セイル(日本)
9,130円(消費税込み)

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品