サライ.jp

「流行りの服を着てみたら全然似合ってなかった」「自分の好みと似合う服は全然違う」という経験はありませんか? トレンドにも敏感な20代〜40代女性は、どのように洋服を選び、購入しているのでしょう。そして、洋服選びでどのような失敗をしたことがあるのでしょうか? 株式会社アイシービー(https://www.icb-image.com/)が、20代〜40代女性を対象に、洋服選びに関する調査を実施しました。洋服選びのポイントを見ていきましょう。

■洋服の購入にかける時間は? 洋服選びって難しい…?

20代〜40代女性は、洋服を買う際にどのくらいの時間をかけているのでしょうか。「洋服を買う際、どのくらいの時間をかけて選びますか?」と質問したところ、『10分以上~30分未満(40.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『30分以上~1時間未満(29.6%)』『1~2時間未満(12.4%)』『10分未満(10.0%)』『2時間以上(7.6%)』と続きました。洋服は試着してみないとサイズや自分に似合っているかが分からないため、10分以上かけて選ぶ方が多いようですね。

そんな洋服選びを難しいと感じている方はどのくらいいるのでしょうか?「洋服選びは難しいと思いますか?」と質問したところ、8割近くの方が『はい(77.0%)』と回答しました。
具体的に洋服選びの何が難しいと感じているのでしょう。詳しく聞いてみました。

<洋服選びのココが難しい!>
・「流行りとか組み合わせとかがよくわかってないから難しい」(20代/会社員)
・「使い勝手やコーディネートなどを考えながら買うので、時間がかかる」(30代/専業主婦)
・「自分に似合うかどうかや体型をカバーできるかを考えて選ぶこと」(40代/専業主婦)

洋服選びが難しい理由として上記のような回答が挙げられました。流行りを意識したり、コンプレックスを隠すなどの悩みから、自分に合う服を探すのは難しいようですね。

■9割近くの方が洋服選びで失敗したことがある

店頭やネットで見たときは魅力的だったのに、購入した洋服をいざ着てみると、「失敗した…」という経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか。そこで、「洋服選びで失敗したことはありますか?」と質問したところ、なんと9割近くの方が『ある(86.4%)』と回答しました。

具体的にどのような失敗をしたのか聞いたところ、『着てみたら似合っていなかった(37.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『サイズ感が合っていなかった(20.0%)』『組み合わせが難しい服だった(18.9%)』『自分に合わない色だった(11.1%)』『着太りした(8.8%)』と続きました。

自分に似合わない洋服はできれば避けたいものの、ついつい買ってしまい失敗しているのかもしれません。
実際にどのような失敗エピソードがあるのか、詳しく聞いてみました。

<私の洋服選びで失敗したエピソード>
・「試着して買ってみたが、家で着てみると似合っていなかった」(20代/パート・アルバイト)
・「実際に着てみたら、サイズが大きく太って見えた」(30代/専業主婦)
・「個性的で良いと思って買ったが、結局コーディネートが難しくほぼ着なくなった」(30代/会社員)

上記のようなエピソードが寄せられました。

■パートナーの洋服選びはしていますか?

続いて、「パートナーの洋服を選ぶ頻度を教えてください」と質問したところ、6割以上の方が『毎回選ぶ(8.1%)』『時々選ぶ(25.6%)』『あまり選ばない(29.0%)』と回答しました。

さらに「パートナーの洋服を選ぶ際に悩んでいることを教えてください」と質問したところ、『体型や骨格に合う服の提案(34.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『好みの服と似合う服が違う(28.8%)』『パートナーに合う色や柄を探すこと(18.2%)』『サイズ感が合っていない(8.2%)』『似合っていない服を選びがち(5.8%)』と続きました。

パートナーに自分が好きな服を着てほしいものの、いざ着てみると似合っておらず洋服選びで悩んでいることが浮かび上がりました。

■骨格やパーソナルカラーを知っておくことは重要…!?

洋服選びで「自分に似合っていない」「サイズ感がおかしい」といった失敗をし、洋服選びは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか? そこで洋服選びを簡単にする方法の一つとして、自分の骨格やパーソナルカラーを知っておくということが挙げられます。
では、自分の骨格やパーソナルカラーを知っているという方はどのくらいいるのでしょうか? 「自分の骨格やパーソナルカラーを知っていますか?(片方もしくは両方)」と質問したところ、約3割の方が『両方知っている(9.2%)』『骨格を知っている(8.6%)』『パーソナルカラーを知っている(11.3%)』と両方もしくは片方を知っていると回答しました。

骨格やパーソナルカラーを知っておくと、具体的に洋服選びはどう変化するのでしょう。
詳しく聞いてみました。

<骨格やパーソナルカラーを知って洋服選びのココが変わった>
・「主観より客観的に洋服を選べるようになった」(20代/パート・アルバイト)
・「自分に合った洋服を選ぶことによって失敗が少なくなった」(30代/専業主婦)
・「どんなに魅力的でも、似合わない色で悩むことはなくなり合理的になった」(40代/会社員)

などの回答が寄せられました。
自分の骨格やパーソナルカラーを知っておいて損はないのかもしれませんね。

***

8割近くの人が洋服選びは難しいと感じ、9割近くの人が洋服選びで失敗していたことが、わかりました。ほとんどの人が苦戦している洋服選びを楽に行うには、自分自身を客観的に知ることが大切なのかもしれません。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア