新着記事

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!2019年3月にモバイル社会研究所が発表したデータによると、スマホの所有率は60代は70%、70代は43%だった。70代に至っては、スマホの所有率が初めてガラケーを上回ったという。
この『サライ.jp』をスマホで読んでいるという方も多いかもしれないが、みなさんはスマホを上手に活用できていますか?

今回はJOYLAB株式会社が、地方(首都圏・大都市※東京/大阪/博多/名古屋以外)在住の60歳以上のスマホ利用者を対象に行った「スマホの利用状況」の調査結果を参考に、シニア層のスマホ活用術をみてみよう。

60歳以上のスマホの利用状況が判明…!利用目的は、やっぱり通話?スマートフォンの主な利用目的を教えてください

まず「スマートフォンの主な利用目的を教えてください」と質問したところ、『通話』(33.7%)という回答が最も多く、次いで『インターネット検索・情報収集』(29.4%)、『メール』(19.9%)、『SNS』(10.1%)、『カメラ』(2.8%)、『オンラインショッピング』(1.9%)、『ゲーム』(1.2%)となった。

スマホも携帯電話の一種なので『通話』が目的の方が多いのは当然だが、『インターネット検索・情報収集』や『SNS』はスマホならではの回答と言えそうだ。『ゲーム』をされている方はかなり使いこなしていそうな雰囲気だ。

続いて、「1日何時間くらい利用していますか?」と質問したところ、6割近くの方が『1時間未満』(59.7%)と回答した。以降『1時間~2時間』(22.6%)、『2時間~3時間』(8.6%)、『3時間~4時間』(4.0%)、『4時間~5時間』(2.2%)と続いた。
長時間利用するという方はまだ少ないようだ。

SNSを利用している方は7割以上と判明…! 利用率が高いのはあのアプリと判明…!LINEなどのメッセージアプリやFacebookなどのSNSを利用していますか?

次に、若い世代ではもはや定番化、シニア層でも1割の方が“主な使用目的”と回答した『SNS』について聞いている。
「LINEなどのメッセージアプリやFacebookなどのSNSを利用していますか?」と質問したところ、実に7割以上の方が『利用している』(70.2%)と回答した。

シニア層の方々にとっても『SNS』は既に定着していると言えそうだ。
そこで、「どのSNSを利用していますか?」と質問したところ、なんと9割以上の方が『LINE(ライン)』(93.1%)と回答し、『Facebook(フェイスブック)』(32.2%)、『Twitter(ツイッター)』(22.7%)、『Instagram(インスタグラム)』(16.5%)、『TikTok(ティックトック)』(1.2%)を大きく引き離して断トツの利用率となった。
この結果から、もはやLINEは「生活に必要不可欠なアプリ」と言えるのかもしれない。

普段の連絡手段はやはり通話が一番…!? スマホでよかったエピソードとは?家族や友人・知人との連絡手段を教えてください

最初の質問では主に通話が目的という方が多いことが判明したが、普段の連絡手段もやはり通話が多いのだろうか。
「家族や友人・知人との連絡手段を教えてください」と質問したところ、『電話』(81.0%)という回答が最も多く、次いで『メール』(62.3%)、『SNS(LINEなど)』(61.1%)、『手紙・はがき』(8.3%)となった。
ガラケー時代は『電話』か『メール』が多かったと思われるが、現在は『SNS』が『メール』とほぼ同率というところまで普及しているようだ。今後は『SNS』の割合がより増えていくことだろう。

続いて、「連絡する際に困ったこと、助かったことなど具体的なエピソードを教えてください」と質問したところ、

電話だと出られない時に連絡が取れない(70代/男性/広島県)
クラス会の写真をリアルタイムで、参加できなかった友に送り喜んでくれたこと(60代/女性/北海道)
LINE・メールでは多くの家族や友人と一斉に連絡できる((60代/男性/三重県)

などの回答が寄せられた。

電話するのが一番慣れていて手軽なのかもしれないが、相手が出ない場合や留守電に繋がる場合もある。また、『メール』や『SNS』は写真を送ったり複数の人と会話や共有ができるので、時と場合によって使い分けていることが予想される。

60歳以上のフリマアプリの使用状況はいかに…! どんなものを売買したことがあるのかメルカリなどのフリマアプリを知っていますか?

『SNS』と並んで、『メルカリ』や『ラクマ』などの“フリマアプリ”も人気がある。この記事を読んでいる方の中にも「聞いたことがある」という方もいるのではないだろうか。

そこで、「メルカリなどのフリマアプリを知っていますか?」と質問したところ、『使ったことはないが知っている』(68.4%)という回答が最も多く、次いで『知らない』(14.4%)、『現在使っている』(13.5%)、『過去に使っていた』(3.8%)となった。
実際に利用している方はまだ少ないようだが、認知度はあるようだ。

さらに深掘りし、ここからは、実際にフリマアプリを利用している方の「利用状況」についてみてみよう。
前問で『現在使っている』、『過去に使っていた』と回答した方に、「売買どちらの経験がありますか?」と質問したところ、4割以上の方が『両方』(41.5%)と回答した。
不用品は次のユーザーに託し、欲しいものは安く手に入れている方が多いようだ。
以降『見ただけ』(24.0%)、『販売』(20.8%)、『売却』(13.7%)と続いた。

どのようなものを売買したことがありますか?具体的にどのようなものを売買しているのだろうか。

「どのようなものを売買したことがありますか?」と質問したところ、『衣類』(25.2%)、『家具・家電』(16.6%)、『ホビー用品』(15.8%)、『CD・レコード』(11.5%)、『書籍』(10.8%)、『骨董品』(2.9%)、『お酒』(0.7%)となった。みなさんさまざまなものを売買しているようだ。

スマートフォンに変えて良かったエピソード集まりました

最後に「スマートフォンに変えて良かったことを具体的に教えてくだい」と質問したところ、

海外に行く子供と連絡が取れる(60代/男性/北海道)
アプリを使うとクーポンが利用でき、買い物が楽しくなる(60代/女性/山口県)
いつでもどこでもネットと繋がり、人とのコミュニケーションも増えた(80歳以上/男性/静岡県)
LINEで家族のつながりが良くなった(60代/男性/奈良県)

などの回答が寄せられた。

スマホは生活を便利にするだけでなく、人とのコミュニケーションにも大きく貢献していることが分かった。
みんなが利用している便利な機能やアプリを参考に、もっとスマホライフを楽しもう!

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP