新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】血の繋がらない2人目の父がしてくれたこと。そして、弟たちを守るために決めたこと~その2~

取材・文/ふじのあやこ

離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じる問題、そして新たに生まれたものを、当人にインタビューして、当時感じた素直な気持ちを掘り下げます。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺った康弘さん(仮名・36歳)は、現在埼玉県で一人暮らし。自身の実父とは死別、2人目の父親は弟、妹を残して急にいなくなり、3人目の父親とも高校生の時に別れを経験します。

「2人目は何の前触れもなく、いきなりいなくなり、僕たち兄妹が大きくなるまで連絡を取っていませんでした。3人目は最初から近寄りがたいようなオーラがあって、子供心ながら初対面で仲良くなれなそうと思いましたね(苦笑)。案の定、一度も気を許すことなく離れることになりましたし。でも、母親の再婚に反対したことはありません。だってもし再婚していなかったら、弟も妹もいなくて、僕はずっと母親と2人きりだった。異父兄弟だけど、兄妹ができたことは本当に嬉しかったし、その思いは今も変わっていません」

大学進学、就職先は血の繋がらない2人目の父親が助けてくれた

一番下の弟の面倒を見ながら、康弘さんは大学へ進学。大学へは2人目の義父の援助もあり、決意したとのこと。しかし、学校でダラダラと過ごす友人たちを見て、1年も満たない時期に退学してしまいます。

「本当に大学に進学したことは後悔しています。当時はなりたいもの、やりたいことなんてまったくなくて、高校を卒業したら漠然と就職するつもりでした。なんとなく兄妹が多い家って長男は早めに社会に出ているじゃないですか。テレビなどの影響ですけど(苦笑)。そんな時に2人目の義父と会う機会があって、『やりたいことがまだ決まってないなら大学に行っておけ』と、『お金のことは心配しないでいい』と言ってくれて。義父と僕の血縁はまったくないのに、弟たちを義父に会わせる時にいつも僕が連れていっていたこともあり、すごく仲良くなっていたんですよね。何かあると義父に相談するような間柄になっていました。

大学をやめた理由は、同級生たちの『大学に行ってやっている』というような発言、態度から。このままだと4年間を無駄に過ごすだけだと思いました。大学をやめたいことはちゃんと母親と義父に伝えましたよ。少し反対されたけど、働きたい思いをちゃんとわかってもらえたと思っています」

その後、康弘さんは2人目の義父の紹介で、埼玉県内にある飲食店で働き始めます。

「料理は、母親が料理をあまりしない人ということもあって、いつの間にか僕の担当になっていたんで得意だったんです(苦笑)。それに家族の中でケンカが起こって険悪なムードになっていたとしても、ご飯ができたらみんな食卓に集まるんですよね。ただ食い意地が張っていただけかもしれないけど(苦笑)、みんなが集まるものの中心にはいつも僕が作った料理がありましたから。

仕事先は義父がよく通っていたお店です。『これで息子にも会えるし、おいしいご飯も食べられるし一石二鳥』と笑いながら言っていました。僕は『息子』って呼ばれたことが恥ずかしくて、それどころじゃなかったんですけどね」

【3人目の父との交流は……次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  2. 【義家族との間】義父亡き後、ゴミ屋敷化した義実家。義両親の持ちマ…
  3. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  4. 【義家族との間】義妹の子どもの面倒をなぜ私が?コロナ禍の学校休校…
  5. 【義家族との間】コロナ禍で逃げ場がない。30代に離婚ではなく家庭…
PAGE TOP