サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ

離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じる問題、そして新たに生まれたものを、当人にインタビューして、当時感じた素直な気持ちを掘り下げます。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺った康弘さん(仮名・36歳)は、現在埼玉県で一人暮らし。自身の実父とは死別、2人目の父親は弟、妹を残して急にいなくなり、3人目の父親とも高校生の時に別れを経験します。

「2人目は何の前触れもなく、いきなりいなくなり、僕たち兄妹が大きくなるまで連絡を取っていませんでした。3人目は最初から近寄りがたいようなオーラがあって、子供心ながら初対面で仲良くなれなそうと思いましたね(苦笑)。案の定、一度も気を許すことなく離れることになりましたし。でも、母親の再婚に反対したことはありません。だってもし再婚していなかったら、弟も妹もいなくて、僕はずっと母親と2人きりだった。異父兄弟だけど、兄妹ができたことは本当に嬉しかったし、その思いは今も変わっていません」

大学進学、就職先は血の繋がらない2人目の父親が助けてくれた

一番下の弟の面倒を見ながら、康弘さんは大学へ進学。大学へは2人目の義父の援助もあり、決意したとのこと。しかし、学校でダラダラと過ごす友人たちを見て、1年も満たない時期に退学してしまいます。

「本当に大学に進学したことは後悔しています。当時はなりたいもの、やりたいことなんてまったくなくて、高校を卒業したら漠然と就職するつもりでした。なんとなく兄妹が多い家って長男は早めに社会に出ているじゃないですか。テレビなどの影響ですけど(苦笑)。そんな時に2人目の義父と会う機会があって、『やりたいことがまだ決まってないなら大学に行っておけ』と、『お金のことは心配しないでいい』と言ってくれて。義父と僕の血縁はまったくないのに、弟たちを義父に会わせる時にいつも僕が連れていっていたこともあり、すごく仲良くなっていたんですよね。何かあると義父に相談するような間柄になっていました。

大学をやめた理由は、同級生たちの『大学に行ってやっている』というような発言、態度から。このままだと4年間を無駄に過ごすだけだと思いました。大学をやめたいことはちゃんと母親と義父に伝えましたよ。少し反対されたけど、働きたい思いをちゃんとわかってもらえたと思っています」

その後、康弘さんは2人目の義父の紹介で、埼玉県内にある飲食店で働き始めます。

「料理は、母親が料理をあまりしない人ということもあって、いつの間にか僕の担当になっていたんで得意だったんです(苦笑)。それに家族の中でケンカが起こって険悪なムードになっていたとしても、ご飯ができたらみんな食卓に集まるんですよね。ただ食い意地が張っていただけかもしれないけど(苦笑)、みんなが集まるものの中心にはいつも僕が作った料理がありましたから。

仕事先は義父がよく通っていたお店です。『これで息子にも会えるし、おいしいご飯も食べられるし一石二鳥』と笑いながら言っていました。僕は『息子』って呼ばれたことが恥ずかしくて、それどころじゃなかったんですけどね」

【3人目の父との交流は……次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア