サライ.jp

【アウェイ育児経験者は語る】アウェイ育児の感じ方は世代間でギャップが!
「アウェイ育児」とは、慣れ親しんだ土地から離れて育児することで、近くに頼れる親戚や友人もいなく、不慣れな環境から孤独感や不安感を覚える人も多いという。このようなシチュエーションは、昔からあるように感じるが、なぜ今「アウェイ育児」という言葉が生まれ、注目されているのだろうか。

市場調査やマーケティングリサーチを行なうゼネラルリサーチ株式会社が、20代~60代の子育て経験のある女性を対象に「アウェイ育児」に関する意識調査を実施した。するとアウェイ育児に対する感じ方には、世代間のギャップがあることが判明。早速、調査結果を見てみよう!

【調査1:アウェイ育児の経験率と認知度について】調査1:アウェイ育児の経験率と認知度について

「アウェイ育児(慣れ親しんだ土地から離れ、親戚や親しい友人のいない環境での子育て)をした経験はありますか?」と質問したところ、4割以上の方が「はい」(44.1%)と回答した。
年代別のデータを比較してみると、比較的若い年代の方がアウェイ育児を経験していることがわかった。
また、アウェイ育児という言葉はどれくらい浸透しているのか「アウェイ育児という言葉を聞いたことがある、または知っていますか?」と質問したところ、8割近くの方が「いいえ」(78.0%)と回答した。
アウェイ育児という言葉を多くの方は知らないと回答したが、本人の自覚なしにアウェイ育児を行ってきた女性は思いのほか多いことが判明した。

【調査2:アウェイ育児を経験して感じたことについて】アウェイ育児を経験して感じたことについて

次に、「アウェイ育児について当てはまるものを教えてください」と質問したところ、「たまにつらかった」(56.0%)という回答が最も多く、次いで「毎日つらかった」(25.3%)、「楽しいことが多かった」(15.1%)、「毎日が楽しかった」(3.6%)と続き、8割近くの方がつらいことの方が多かったと回答した。

多くの人が何かしら苦労を経験している一方で、50代~60代の方は、20代~40代の方に比べて楽しいことの方が多いという割合が増加していることがわかった。

その理由としては、昔の方がご近所付き合いは盛んであったり、地域コミュニティ全体で見守り合う育児が機能していたりと、当時の時代背景がこのような結果になったのではと予想される。

現代ではインターネットやSNSなどの発達により、欲しい情報が瞬時に手に入る環境や、オンライン上での交流が可能になった一方で、本質的な人との関わりが希薄になったことがアウェイ育児の問題を表面化させた要因の一つになったのかもしれない。
また、50代~60代の方に「アウェイ育児は楽しいことが多かった」と答えた理由を教えてください」と質問したところ、「アウェイ育児は楽しいことが多かった」と答えた理由を教えてください

このような意見が挙がった。
地域コミュニティのつながりと、夫の協力が得られる環境が毎日を楽しく過ごす秘訣ということのようだ。

【調査3:アウェイ育児への理解と協力について】

アウェイ育児であっても毎日を楽しく過ごしてきた女性は、地域コミュニティや夫など、多くの協力を得て乗り越えてきたことが分かった。
自分一人ではこの困難を乗り越えることはなかなか難しく、周囲の理解と協力が不可欠のようだ。アウェイ育児への理解と協力について

そこで、「アウェイ育児について、理解や協力を得たいと思う項目を教えてください」と質問したところ、7割近くの方が「夫」(69.4%)と回答し、以下項目はほとんど差がなかった。
また、「具体的に夫に対して、どのような理解や協力を得たいと思いますか」と質問したところ、具体的に夫に対して、どのような理解や協力を得たいと思いますか

上記内容が挙がった。
慣れ親しんだ土地から離れ、親戚や親しい友人のいない環境での子育ては孤独を感じやすい。子育てに最も近いパートナーが積極的に育児に参加し、普段の頑張りを認め合える関係性がアウェイ育児による孤独を和らげてくれるのだろう。

今回の調査結果を踏まえ、以下のような総括が挙げられている。

【総括】

慣れ親しんだ土地から離れ、親戚や親しい友人のいない環境で子育てをするという、いわゆるアウェイ育児は昔からあったが、それが現代では社会問題として表面化しているようだ。

そこにはさまざまな背景が考えられるが、そうした問題を解決するためには「パートナーの育児への積極的な参加」と「地域コミュニティの協力」が不可欠ということが今回の調査で分かった。

しかし現代においては、他者との関係が希薄になったことで地域コミュニティが機能していないということが実際に起こりつつある。他者となかなかコミュニケーションがとりづらいということもあるが、最も大事なことは育児をする方にとってはアウェイでも、子どもにとってはそこがホームになるということだ。

地域コミュニティに積極的に溶け込むことで、育児の負担を軽減するためのさまざまな協力を得ると同時に、子どもにとっても住みやすい居場所になる。

土地勘もなく、パートナーの他に頼れる存在がいない環境はとてもつらいことだ。
しかし、子どもを最優先に考えたとき、協力してやらなければならないことを夫婦で話し合ってみてはいかがだろうか。そうすることがアウェイ育児による孤独感解消の第一歩になるかもしれない。

読者の中には、娘・息子夫婦が“アウェイ育児”に当てはまるという方もいるのかもしれない。「私たちの若い頃は……」と昔を引き合いに話すのではなく、現状のつらい環境に共感し、孤独感を和らげたり、不安を払拭してあげるといいかもしれない。

文/鳥居優美

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア