新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

英語教師1000名に調査して分かった、英単語力を向上させる学習法

高校の先生1000名以上に調査して分かった、生徒の学力を向上させる教材活用法とは?
高等学校向けの副教材(検定教科書以外の教材)を制作しているアルク(https://www.alc.co.jp/company/)は、副教材の活用について、高校・中学の英語教師にアンケート調査を実施し、全国の1000名を超える先生方から回答いただきました。その結果から、副教材の活用実態、採用検討時に重視するポイント、単語力・文法力が向上した高校でどのように活用しているかについて、分析と考察を行いました。さっそく結果を見てみましょう。

【調査対象・方法・期間・回答件数】
1.調査対象
アルクのセミナー参加経験、情報誌『英語の先生応援マガジン』の読者である高校・中学の英語教師。
2.調査方法
インターネットで実施。メールマガジンやレターで参加を募った。
3.調査期間・回答件数
回答期間は2019年4月9日(火)~5月8日(水)。有効回答者数は1215人。内訳は、高校教師が1054人、中学教師が161人。

1.副教材の採用冊数

高校は中学より採用冊数が多い傾向にある。特にリーディング副教材、リスニング副教材、入試対策問題集の冊数が多い。

2.副教材の採用検討時に重視するポイント

高校で半数程度の先生が重視していたのは、「生徒が取り組みやすいレベルである」(61.5%)「音声がついている」(56.5%)「テスト作成用ツールが提供されている」(56.5%)「学習方法・手順が分かりやすい」(54.2%)。生徒の学習しやすさ(レベル、学習方法・手順)と、指導上の観点(音声、テスト作成用ツール)の両方から採用検討していることがうかがえる。中学校では、高校に比べると、「生徒が取り組みやすい学習量である」ことを重視する傾向があった。

3.高校での単語力向上の実態と副教材の活用

昨年度メインで担当した生徒の単語力について、1年間で「とても上がった」ととらえる教師が10.1%、「やや上がった」と解答した人が58.5%。1年間での生徒の単語力の変化

生徒の単語力が「とても上がった」とみなす先生は、知っている単語数が増えただけでなく、単語を“使える”状態になったことを、その理由として挙げている。生徒の単語力が上がったよ感じる理由

このことから、知っている単語数が増えると「生徒の単語力がやや上がった」と見なし、正しく書ける、聞ける、発音できる、スピーキングに使えると「とても上がった」と見なす先生が多いようだ。

次に、生徒の単語力が「とても上がった」先生の回答には、ある特徴が見受けられる。授業中の単語学習の方法

「英単語の【和訳を見て(聞いて)英単語を声に出す(書く)】(日→英)」を63.2%が選択したのに対し、「やや上がった」では50.2%、「(単語力が変化したかどうかは)どちらとも言えない」では47.7%だった。同様に、「英単語を含む英文を【音読する】」「英単語を【ペア・グループなどで活動しながら】学習する」に関しても、「やや上がった」とは約7ポイント、「どちらとも言えない」とは約15ポイントの差がついた。音声を使ったアクティブな授業で発音が身につき、単語が“使える”ようになると考えられる。また、単語を含む英文単位での学習も「とても上がった」で実施割合が高く、使える単語力向上に寄与した可能性がある。

次に、単語集を使った授業中や自宅などでの学習(指示)について、「とても上がった」先生の回答には、ある特徴が見受けられる。単語集を使った授業中や自宅などでの学習指示

生徒の単語力が「とても上がった」先生は「【授業中】に学習した(テストのみの場合を除く)」の実施率が79.0%と高い(「やや上がった」は57.0%、「どちらとも言えない」は49.6%)。「自宅学習の【音声の使い方を指示】した」に関しても「とても上がった」先生は62.0%と高い(「やや上がった」は43.2%、「どちらとも言えない」は28.5%)。「自宅学習の【手順を指示】した」に関しても上の2項目ほどではないが、「とても上がった」(69.0%)は「やや上がった」(62.8%)「どちらとも言えない」(50.7%)に比べて割合が高かった。単語集を採用する場合、授業中に生徒と一緒に学習し、自宅での学習指示も範囲だけでなく、使い方や音声の活用法を含めて指示することで“使える”単語力の習得につながると言えそうだ。

また、文法に関しても上記と同様の調査を行ったところ、生徒が問題を解けると「文法力がやや上がった」と見なし、理解・表現の能力にまで影響が及ぶと「とても上がった」ととらえる先生が多い。

* * *

いかがだったでしょうか。英単語の学習には、音読やグループ学習、そして時間をあけずに授業中に活用法などを習得する、などアクティブに行動していくことが向上への近道といえそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP