新着記事

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都内にある人材派遣業務などを行う会社でコーディネーターとして働いている仁美さん(仮名・36歳)。埼玉県出身で、両親と4歳下に弟のいる4人家族。小さい頃に母親から『早く自立して家を出て行ってほしい』と言われたことがあり、親に頼ることなく、自分のことは自分で何とかするとい考えが根付いていきます。

「自分のことは自分でといっても、子供に責任を取る能力はないし、お金もありません。そこは親を頼っていました。私に興味がない親で晩ご飯も家族バラバラでとっていたけど、出来合いのものだったとしても、毎日ちゃんと用意してくれていました。それに、大学や塾にも行かせてもらいましたから」

どんなに突き放されても、親の振る舞いを“いつか”と期待してしまう

仁美さんが一人暮らしを始めると物理的な距離もあり、家族との交流はまったくなくなったとか。そんな時に感じたのは今まで感じたこともないような寂しさだったと言います。

「今までまったく私のことを見ない両親だったから一人暮らしをする前からずっと一人だったのに、離れて暮らすと本当に独りぼっちになってしまった感じがしたんです。自分の存在がふわふわしている実態がないもののような感じというか。その不安定な気持ちを埋めようと、お盆と年末には実家に帰っていました。でも、それも最初の2年間だけでしたね」

それでも3か月に一度ぐらいのペースで来る母親からのメールは嬉しかったそう。しかし冷たくあしらわれることもあり、その度にある思いが心に沸いていたと当時を振り返ります。

「メールの内容は気遣いの言葉が少しと、こんなことをしましたという報告みたいな内容で、すごく淡泊なものです。間隔は平均して3か月に一度くらいなんですが、長い時は半年ほど何の音沙汰がないんですよね。そんな時に私は特に用事もないのに実家に電話してしまって。その度に『何の用?』と面倒くさい感じで話された時は、なぜ電話をかけてしまったのかと後悔することばかりでした。

冷たくあしらわれるが繰り返されていくうちに、あることに気づいたんです。こんなに突き放されているのに、まだ親としての振る舞いを期待してしまっていたんだなって。自分に何かあると聞いてほしくなる。頑張って達成したことがあるとほめてもらいたい。悔しい思いをした時は愚痴を聞いてほしい、って……。小さい頃からそんなこと一度もしてもらったことがないのに、“もしかしたら”という思いがずっと消せませんでした。何かに縛られているような気分で、もういっそ忘れたいって思っていましたね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  2. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  3. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  4. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  5. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
PAGE TOP