新着記事

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?

今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)牡羊座~蟹座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

みんと。さんによる写真ACからの写真

国立社会保障・人口問題研究所が今年4月に発表した「日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)」によると、65歳以上の世帯主の割合は、2040年には45都道府県で40%以上に、さらに世帯主65歳以上の一人暮らしの割合は、2040年には全都道府県で30%以上になるという。さらに2015年時点で、高齢者の一人暮らしは625万世帯だが、2040年には896万世帯にまで増えると予測している。

人生100年時代という言葉も、すでに使い古された感さえある。80歳になった自分は、そして90歳を超えた自分はどこでどう暮らしているのか――。そこに明るい未来を描ける人はいるだろうか。

■母がサ高住を脱走したわけ

首都圏に住む船田郁也さん(仮名・55)は、宮崎県で一人暮らしをしていた94歳の母、弘子さんを自宅に近い首都圏のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に呼び寄せた。

父親は、船田さんが3歳のときに亡くなっている。一回り年の離れた兄と船田さんが大学進学で宮崎を離れてから、弘子さんは37年間一人で暮らしてきた。とはいえ、宮崎には親戚も多く、実家の隣には船田さんの従兄家族が住んでいたし、弘子さんは活動的で友達も多かったことから、船田さん兄弟は弘子さんの一人暮らしを気にかけながらも、まだ大丈夫だろうとこの年まできたのだった。

もうひとつ、弘子さんが90歳を過ぎても一人暮らしを続けることになったのには訳がある。

「実は、一度サ高住を“脱走”したことがあるんです」

“脱走”とは穏やかではない。だが、船田さんの言葉は決して誇張ではなかった。

「90歳になる直前、母が肺炎になって入院したんです。しばらくベッドから動けない状態が続いたため足が弱り、肺炎が治っても一人暮らしの家に戻すのは危ないだろうと、兄と話し合ってその病院が経営しているサ高住に入ってもらうことにしました」

弘子さんには事後承諾という形になったが、病院が運営するサ高住なら信頼できるだろうと船田さん兄弟は考えたのだ。

「ところが、そのサ高住が母に合っていなかったんです。サ高住は有料老人ホームなどとは違って自由度が高いと思っていたのに、そのサ高住にはまったく自由がありませんでした。初めての集団生活、自由に外にも出られない。それまで自分のペースで暮らしてきた母にとって、何より苦痛だったようです。『外に出たい。家に帰してほしい』と懇願する母にてこずった施設長が、あろうことか『早くボケればいいんじゃない』と言ったらしい。それで母は激怒。荷物をまとめて家に帰ってしまったというわけです」

そのときのことは、あまり思い出したくないと船田さんは眉を曇らせた。

だがこの苦い経験で、船田さんは学んだ。母の終の棲家選びは、本人の意向を聞いて、慎重に選ぶと――。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年…
  2. ノノママhttps://www.photo-ac.com/profile/2434086さんによる写真AChttps://www.photo-ac.com/からの写真 自然災害から、介護の必要な親をどう守る?|「水が来たらあきらめる…
  3. 子どもがいない場合の相続や自身の介護はどうすべきか|『子どもなくても老後安心読本』 老後も死後も揉め事ばかり!? 子どもがいない夫婦、独身者は、自…
  4. 「過ぎてしまったことは、苦労とは思わない。今が一番幸せ」―“サ高住から脱走した”母に聞く 親の終の棲家をどう選ぶ?|「過ぎてしまったことは、苦労とは思わな…
  5. 50代から本気で始める老後の備え ~30年後、“勝ち組高齢者&#…
PAGE TOP