新着記事

ロドルフォ・シヴィエロの家博物館「Museo Casa Rodolfo Siviero

イタリア版007エージェント。フィレンツェに実在した伝説のスパイの邸宅を訪ねる(イタリア)

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

みんと。さんによる写真ACからの写真

国立社会保障・人口問題研究所が今年4月に発表した「日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)」によると、65歳以上の世帯主の割合は、2040年には45都道府県で40%以上に、さらに世帯主65歳以上の一人暮らしの割合は、2040年には全都道府県で30%以上になるという。さらに2015年時点で、高齢者の一人暮らしは625万世帯だが、2040年には896万世帯にまで増えると予測している。

人生100年時代という言葉も、すでに使い古された感さえある。80歳になった自分は、そして90歳を超えた自分はどこでどう暮らしているのか――。そこに明るい未来を描ける人はいるだろうか。

■母がサ高住を脱走したわけ

首都圏に住む船田郁也さん(仮名・55)は、宮崎県で一人暮らしをしていた94歳の母、弘子さんを自宅に近い首都圏のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に呼び寄せた。

父親は、船田さんが3歳のときに亡くなっている。一回り年の離れた兄と船田さんが大学進学で宮崎を離れてから、弘子さんは37年間一人で暮らしてきた。とはいえ、宮崎には親戚も多く、実家の隣には船田さんの従兄家族が住んでいたし、弘子さんは活動的で友達も多かったことから、船田さん兄弟は弘子さんの一人暮らしを気にかけながらも、まだ大丈夫だろうとこの年まできたのだった。

もうひとつ、弘子さんが90歳を過ぎても一人暮らしを続けることになったのには訳がある。

「実は、一度サ高住を“脱走”したことがあるんです」

“脱走”とは穏やかではない。だが、船田さんの言葉は決して誇張ではなかった。

「90歳になる直前、母が肺炎になって入院したんです。しばらくベッドから動けない状態が続いたため足が弱り、肺炎が治っても一人暮らしの家に戻すのは危ないだろうと、兄と話し合ってその病院が経営しているサ高住に入ってもらうことにしました」

弘子さんには事後承諾という形になったが、病院が運営するサ高住なら信頼できるだろうと船田さん兄弟は考えたのだ。

「ところが、そのサ高住が母に合っていなかったんです。サ高住は有料老人ホームなどとは違って自由度が高いと思っていたのに、そのサ高住にはまったく自由がありませんでした。初めての集団生活、自由に外にも出られない。それまで自分のペースで暮らしてきた母にとって、何より苦痛だったようです。『外に出たい。家に帰してほしい』と懇願する母にてこずった施設長が、あろうことか『早くボケればいいんじゃない』と言ったらしい。それで母は激怒。荷物をまとめて家に帰ってしまったというわけです」

そのときのことは、あまり思い出したくないと船田さんは眉を曇らせた。

だがこの苦い経験で、船田さんは学んだ。母の終の棲家選びは、本人の意向を聞いて、慎重に選ぶと――。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=383647&action=edit 親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護を成功させるコツ【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじま…
  4. 親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじま…
  5. 「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年…
PAGE TOP