新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

150年経つ今も世界中で愛されるルイス・キャロルの世界的ベストセラーの魅力【不思議の国のアリス展】

取材・文/池田充枝

1865年の初版出版以来、170を超える言語に翻訳され、発行総部数1億部ともいわれる世界的ベストセラー、『不思議の国のアリス』。

作者のルイス・キャロルは、英国オックスフォード大学のクライスト・チャーチの数学講師でした。幼いころから創作意欲に富み、詩や物語を書く青年でしたが、彼の人生を大きく変えたのが、新しく赴任してきたリデル学寮長の娘、アリス・リデルとの出会いです。

アリスにせがまれて語った物語が「地下の国のアリス」で、その話が気に入ったアリスから「このお話を本に書いて」とねだられたキャロルは、自筆の挿絵入りの本を完成してアリスに贈りました。

その物語は周囲の人からも絶賛され、出版を勧められたキャロルは、当時の人気画家ジョン・テニエルに挿絵を依頼しました。1865年、『不思議の国のアリス』が出版されるやいなや、キャロルは一躍人気作家となり、テニエルの挿絵は後のアリス像を決定づけることになりました。

ルイス・キャロル《切手ケース》1890年 紙 Lewis Carroll,The Wonderland postage stamp case.The Rosenbach,Philadelphia

ルイス・キャロル《切手ケース》1890年 紙 Lewis Carroll,The Wonderland postage stamp case.The Rosenbach,Philadelphia

150年経つ今も世界中で愛される『不思議の国のアリス』の魅力が満載の展覧会が開かれています。(11月17日まで)

本展は、著者ルイス・キャロルの日本初公開となる直筆画(横浜会場のみ)や、ジョン・テニエルの原画、この物語に創作意欲を刺激された国内外の現代アーティストたちの作品など、約200件の展示品で『不思議の国のアリス』の世界を展開します。

ルイス・キャロル《「涙の池」のスケッチ》1862-1864年 ペン/紙 (C)The Governing Body of Christ Church,Oxford

ルイス・キャロル《「涙の池」のスケッチ》1862-1864年 ペン/紙 (C)The Governing Body of Christ Church,Oxford

本展の見どころを、主催の東映、高見澤庸さんにうかがいました。

「『不思議の国のアリス』がその誕生から現在に至るまでこんなにも世界中で世代を超えて愛され、様々なジャンルに影響を与え続けているのはなぜなのか―、本展では様々な角度からこの圧倒的な存在感を放つ『アリス』の魅力に迫っていきます。

チャールズ・サントーレ《コ―カス競走》2014-2017年 水彩/紙 (C)2017 Charles Santore

チャールズ・サントーレ《コ―カス競走》2014-2017年 水彩/紙 (C)2017 Charles Santore

まず見ていただきたいのは、初版本の挿絵を描いたジョン・テニエルの原画です。1865年に『不思議の国のアリス』が出版され話題をさらったとき、その功績はキャロルに帰すべきか、テニエルに帰すべきかが真剣に論じられたくらい、『アリス』の成功は物語と挿絵が見事に融合したこの初版から始まったと言えるでしょう。

ジョン・テニエル『不思議の国のアリス』挿絵のための下絵《いったい、わたしはこれからどうなってしまうの》1864-1865年 鉛筆/紙 John Tenniel,“What will become of me.”, The Rosenbach,Philadelphia

ジョン・テニエル『不思議の国のアリス』挿絵のための下絵《いったい、わたしはこれからどうなってしまうの》1864-1865年 鉛筆/紙 John Tenniel,“What will become of me.”, The Rosenbach,Philadelphia

テニエルの挿絵を原点に、様々なアーティストによる挿絵が世界中で生まれ、『アリス』の世界は書籍にとどまらず、映画やアニメーション、音楽、舞台、ファッションなど様々な分野に広がっていきました。そして、現在でも多くのアーティストたちが創作意欲を刺激され、新しい『アリス』作品が生まれ続けています。本展では、アリスの世界観を独自の解釈で表現した国内外で活躍する芸術家との共演も見どころのひとつです。

エリック・カール《チェシャネコいもむし》2018年 薄紙、アクリル、コラージュ〝Cheshire CAT-erpillar″created by Eric Carl,2018.Image reproduced with permission from the Eric

エリック・カール《チェシャネコいもむし》2018年 薄紙、アクリル、コラージュ〝Cheshire CAT-erpillar″created by Eric Carl,2018.Image reproduced with permission from the Eric

日本初公開を含む珠玉の作品群が、皆さまを不思議な国へ誘います」

ルイス・キャロルの自筆スケッチから最新のオマージュ作品まで、完全版ともいえる展覧会です。ぜひ会場に足をお運びください。

山本容子《Hop,Step,Hop,Step》2007年 油彩/キャンバス (C)Yoko Yamamoto

山本容子《Hop,Step,Hop,Step》2007年 油彩/キャンバス (C)Yoko Yamamoto

【開催要項】
不思議の国のアリス展
会期:2019年9月21日(土)~11月17日(日)
会場:そごう美術館(横浜駅東口 そごう横浜店6階)
住所:横浜市西区高島2-18-1 
電話番号:045・465・5515(そごう美術館直通)
公式サイト:http://www.alice2019-20.jp
開館時間:10時から20時、最終日の11月17日は17時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:会期中無休
巡回:福岡市美術館(12月3日~2020年1月19日)、静岡市美術館(2020年2月1日~3月29日)、その後名古屋、新潟へ巡回予定

(※使用画像には透かしが入っているものがあります)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP