サライ.jp

【知らなきゃよかったお布団事情…】布団1平方メートル あたりのダニの数は○○匹…!?連日、真夏日が続いている。厳しい日差しの下を歩くのは肉体的にも、精神的にもツライが、その分洗濯物はよく乾く。そんなお日様の力を借りて、衣類だけでなく布団も干す方も多いのではないだろうか?

太陽の光をたっぷり浴びた布団はフカフカで、いいにおいもし、何とも気持ちがイイ! そんなお布団のお手入れ、あなたはどのようにしていますか?

創業60年の宅配クリーニング「せんたく便」が20~60代の男女を対象に「布団の洗濯(クリーニング)」についてのアンケート調査を行なった。その結果を参考に、布団の洗濯について考えてみよう。

6割以上が布団の洗濯をしたことがない!

まずは「布団の洗濯(クリーニング)の頻度」について尋ねている。すると、「出したことが無い」(62.7%)という意見が最も多く、次いで「数年に一度」(12.0%)、「半年に一回」(11.6%)、「年一回」(8.6%)となり、なんと、6割以上の方が布団を洗濯していないという結果になった。布団の洗濯(クリーニング)の頻度

布団の天日干しの頻度は「月1回」が最多

次に、「布団の天日干しの頻度を教えてください」と質問したところ、「月一回」(27.6%)という意見が最も多く、次いで「一週間に一回」(21.9%)、「三か月に一回」(16.5%)、「干したことが無い」(15.1%)、「半年に一回」(9.1%)、「数年に一度」(5.0%)、「年一回」(4.8%)と続いた。布団の天日干しの頻度を教えてください

布団を洗濯している人より、天日干しをしている人の方が多いという結果になったが、それでも布団を干したことがない人や、半年に一回など、布団を敷きっぱなしという人も一定数いるという結果になった。

布団の中のダニは○○万匹!?知らなきゃよかったお布団事情

ちなみに、みなさんは布団の中に潜むダニがどれくらいいるかご存知だろうか?
布団の中に潜むダニは、なんと1㎡あたり10万匹もいるそうだ。
また、布団の中にはマットレスや枕に比べて、数千倍に相当する数のダニが潜んでいるという。これら全てが生きているわけではないが、だからといって安心はできない!なぜなら、このダニの死骸がアレルギーを引き起こす原因になっているからだ。

この事実を知っていた割合はどれくらいか?

「布団1平方メートルあたり10万匹のダニがいることをご存知でしたか?」と質問したところ、7割近くの方は「いいえ」(65.3%)と回答した。布団1平方メートルあたり10万匹のダニがいることをご存知でしたか?

また、「布団に潜むダニの数を知ってどう思いましたか?」と質問したところ、多くの方は「クリーニングに出したい」(45.2%)と回答し、次いで「天日干しで十分」(32.3%)と続いた。「特に何も思わない」(18.9%)という意見は2割にも満たない結果となった。布団に潜むダニの数を知ってどう思いましたか?

布団の中のダニは天日干しだけでは完全に除去できない!

天日干しは、湿度が取り除かれることで布団をふんわりとさせ、一時的に雑菌やダニの繁殖を抑えることができるが、ダニの死骸は天日干しをしただけでは完全に除去することが難しく、その多くが布団内部に残ってしまうという。

では、布団の中のダニや死骸はどうしたらキレイになるのか。

一般的なダニは25℃~30℃が発育しやすいと言われており、10度以下・50度以上で死滅すると言われている。乾燥機などでしっかり熱してダニを死滅させ、なおかつ洗剤を使用した水洗いで死滅したダニやほこりをすっきりと洗い流すことが必要となる。とはいえ、自宅で完璧に布団の洗濯をするのはなかなか大変である。
最近は自宅まで集荷にきてくれる宅配クリーニングサービスも登場している。特に花粉症などのアレルギーに悩んでいる方は、プロの手を借りてみるのもいいかもしれない。

文/鳥居優美

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア