新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

“終活”で1番心配なことは「物の整理、片付け」

“終活”に関するアンケート調査

“終活”という言葉もだいぶ一般的になってきたような気もするが、果たして認知度はどうなのだろうか? また、“終活”を実際に意識している人はどのくらいいるのだろうか?

SBIいきいき少額短期保険株式会社(https://www.i-sedai.com?campID=70110000000igJDAAY&date=190517&cdt=press )は、 前回の2017年に引き続き、保険加入者を対象に第2回目となる“終活”に関するアンケート調査を実施。結果をご紹介しよう。

* * *

●“終活”を知っていて、必要性を感じている方が約7割

今回新たに、“終活”の必要性を聞いたところ、約7割の方が「必要性を感じる」と回答。
 “終活”の必要性 “終活”の必要性

●“終活”の具体的内容を知らない層が減少、言葉だけでなく内容まで認知が進む

“終活”という言葉の認知度は、前回同様の約9割であった。一方、“終活”という言葉を「聞いたことはあるが、具体的なことを知らない」と回答した方は12.4%となり、前回と比較して約9ポイント減少したことから、“終活”が言葉だけでなく、具体的な内容まで浸透してきていると考えられる。
“終活”の具体的内容

●約8割の方が“終活”について家族と話す必要があると感じている

“終活”について「家族と話したことがある」方は40.4%、「話したいと思っている」方は40.5%となり、合わせると約8割の方が家族と話す必要があると感じているという結果となった。
“終活”について、ご家族で話したことはありますか?

●“終活”で行っていること第1位は「お金の準備」。「物の整理、片付け」は第2位に上昇!

自身ですでに行っている“終活”第1位は前回と同じく「お金の準備(保険等)」48.3%で、約半数が回答。第2位は「物の整理、片付け」43.5%で前回より約10ポイント増と順位を大きく上げたことから、生前整理の意識が高まっている傾向が読み取れる。
“終活”で行っていること

●“終活”をしていて心配なこと第1位は4人に1人が「物の整理、片付け」

“終活”をしていて心配なこと、気になること第1位は「物の整理、片付け」26.2%となった。
“終活”をしていて心配なこと

●「お金をかけていること」に男女で違い

今、お金をかけていること、楽しんでいることを男女別にみると、女性の第1位は「人との交流(友人、親戚付き合い)」49.4%となり、男性の第1位は「医療(健診・予防)」41.8%と男女で違いが出る結果となった。
今、 お金をかけていること、 楽しんでいること

* * *

いかがだっただろうか。“終活”という言葉はだいぶ認知度が高まり、また、実際に行っている人も多くなっているようだ。

【調査概要】
調査対象:SBIいきいき少額短期保険株式会社の保険契約者 全国男女 68,743名
調査方法:同社会報誌「いきいき世代通信」同封アンケートに自筆記入の上、 当社へ返送
回答人数:2,225名
調査期間:2018年12月26日~2019年1月15日

■回答者属性
(1)性別

(2)年齢別

年齢別

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「終活ってなんだ?」カメラマンが見続けた片品村のカヲルさん|『人生はいーからかん』 【人生100年時代の生き方】「終活ってなんだ?」カメラマンが見続…
  2. 終活に関する調査|「終活」をする意向が最も高いのは30代。実際に始めたい年齢は「60代」 「財産整理」「エンディングノート」「墓じまい」|「終活」をする理…
  3. いつか訪れる配偶者との別れ|『没イチ パートナーを亡くしてからの…
  4. 備えあれば憂い無し!「リタイア後の落とし穴」にはまらないための4…
  5. 自分がいなくなった後が心配…。知っておきたい「愛するペット」の上…
PAGE TOP