新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

“終活”で1番心配なことは「物の整理、片付け」

“終活”に関するアンケート調査

“終活”という言葉もだいぶ一般的になってきたような気もするが、果たして認知度はどうなのだろうか? また、“終活”を実際に意識している人はどのくらいいるのだろうか?

SBIいきいき少額短期保険株式会社(https://www.i-sedai.com?campID=70110000000igJDAAY&date=190517&cdt=press )は、 前回の2017年に引き続き、保険加入者を対象に第2回目となる“終活”に関するアンケート調査を実施。結果をご紹介しよう。

* * *

●“終活”を知っていて、必要性を感じている方が約7割

今回新たに、“終活”の必要性を聞いたところ、約7割の方が「必要性を感じる」と回答。
 “終活”の必要性 “終活”の必要性

●“終活”の具体的内容を知らない層が減少、言葉だけでなく内容まで認知が進む

“終活”という言葉の認知度は、前回同様の約9割であった。一方、“終活”という言葉を「聞いたことはあるが、具体的なことを知らない」と回答した方は12.4%となり、前回と比較して約9ポイント減少したことから、“終活”が言葉だけでなく、具体的な内容まで浸透してきていると考えられる。
“終活”の具体的内容

●約8割の方が“終活”について家族と話す必要があると感じている

“終活”について「家族と話したことがある」方は40.4%、「話したいと思っている」方は40.5%となり、合わせると約8割の方が家族と話す必要があると感じているという結果となった。
“終活”について、ご家族で話したことはありますか?

●“終活”で行っていること第1位は「お金の準備」。「物の整理、片付け」は第2位に上昇!

自身ですでに行っている“終活”第1位は前回と同じく「お金の準備(保険等)」48.3%で、約半数が回答。第2位は「物の整理、片付け」43.5%で前回より約10ポイント増と順位を大きく上げたことから、生前整理の意識が高まっている傾向が読み取れる。
“終活”で行っていること

●“終活”をしていて心配なこと第1位は4人に1人が「物の整理、片付け」

“終活”をしていて心配なこと、気になること第1位は「物の整理、片付け」26.2%となった。
“終活”をしていて心配なこと

●「お金をかけていること」に男女で違い

今、お金をかけていること、楽しんでいることを男女別にみると、女性の第1位は「人との交流(友人、親戚付き合い)」49.4%となり、男性の第1位は「医療(健診・予防)」41.8%と男女で違いが出る結果となった。
今、 お金をかけていること、 楽しんでいること

* * *

いかがだっただろうか。“終活”という言葉はだいぶ認知度が高まり、また、実際に行っている人も多くなっているようだ。

【調査概要】
調査対象:SBIいきいき少額短期保険株式会社の保険契約者 全国男女 68,743名
調査方法:同社会報誌「いきいき世代通信」同封アンケートに自筆記入の上、 当社へ返送
回答人数:2,225名
調査期間:2018年12月26日~2019年1月15日

■回答者属性
(1)性別

(2)年齢別

年齢別

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「終活ってなんだ?」カメラマンが見続けた片品村のカヲルさん|『人生はいーからかん』 【人生100年時代の生き方】「終活ってなんだ?」カメラマンが見続…
  2. 終活に関する調査|「終活」をする意向が最も高いのは30代。実際に始めたい年齢は「60代」 「財産整理」「エンディングノート」「墓じまい」|「終活」をする理…
  3. いつか訪れる配偶者との別れ|『没イチ パートナーを亡くしてからの…
  4. 備えあれば憂い無し!「リタイア後の落とし穴」にはまらないための4…
  5. 自分がいなくなった後が心配…。知っておきたい「愛するペット」の上…
PAGE TOP