新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない、部屋干しの新事実

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない「部屋干し」の新事実

オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃 Photo (c) RMN-Grand Palais(musée de l' Oangerie) / Franck Raux / distributed by AMF

ヨーロッパ屈指の絵画作品が21年振りに日本で公開【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】嫁姑問題、父親の浮気。大好きだった母親は家にいることが嫌いになっていった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】姑に家に寄り付かない父親。大好きだった母親は家にいることが嫌いだった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「母親は家族の太陽のような存在。ただ元気に精一杯生きてほしいのが一番の願いです」と語るのは、奈々子さん(仮名・40歳)。彼女は現在、都内で団体職員として働いています。お話を聞いている間、終始目を見てゆっくり丁寧に話されており、所作などから礼儀正しいキチンとした印象を受けます。

朝から行われる母親と祖母の言い合い。父の浮気もあり、家族はバラバラだった

奈々子さんは東京都の郊外出身で、両親と2歳下に弟のいる4人家族。父親は大工、母親は精密部品などを作る工場の作業員としてフルタイムでパートに出ていたと言い、家には父方の祖母も同居していたそう。躾などは両親よりも祖母からよく受けたと語ります。

「うちの両親は放任主義というか、特に父親は私のことに関して何も口を挟んできませんでした。躾というか、小言が一番多かったのは祖母でした。勉強しなさいとかはもちろん、昔の人なので『女性はこうあるべき』といった考えを押し付けられていて。極端だったのは『教室で男の人と2人きりになったら、すぐに教室を出なさい』と、男性を避けろみたいな考え方を持っていたこと。その発言にはあまりにびっくりして、今でも覚えていますから」

そして家には典型的な嫁姑問題があり、母親と祖母の言い争う声を小さい頃からよく聞いていたと言います。

「母は私たち子供には優しいんですが、祖母にはけっこう言い返すタイプみたいで。朝、母と祖母の言い争う声で目が覚めることがよくありました。言い争いの内容は、祖母が母の料理の味付け、洗濯物の干し方や部屋の片づけ方などを注意して、それに母が言い返すといった感じです。父には姉と妹がいたんですが、その2人のことを祖母は母と比較しながら褒めていたんです。嫌味ですよね。母は私に『おばあちゃんのいる家にいたくないからフルタイムで働いている』と言っていました」

2人の争いを父親は静観するだけ。嫁姑問題の他に、母親を悩ますタネがもうひとつあったそう。それは……。

「父親の浮気です。私が小さい頃は家に女の人から電話がかかっていたんです。当時家には黒電話があって、黒電話って2台あっても同じ回線なので、1台が通話中にもう1台からその話を聞くことができたんです。それを知って、一度父とその女性の会話を聞いてしまったことがあって。本当に小さくてよく意味がわかりませんでしたが、今思うと……。そんな感じで両親の仲も良くなかったんですが、離婚という話になったことは一度もありません。祖母とも同居していたし、世間もまだそこまで離婚も一般化していなかったので、できなかっただけかもしれませんが」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」とい…
  2. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」とい…
  3. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年…
  4. 【娘のきもち】毒親からの歪んだ愛情。家族が歪みに気づくまで20年…
  5. 【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のき…
PAGE TOP