新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

突然の愛犬との別れ|我が家にやってきたシーズー。【前編】

ムクは本当にいい子だった。これが俗に言う親ばかというものかもしれないが、ムクは誰に対しても平等で、人見知りをしなかった。少々強引に抱っこされても少し困った顔をするだけで嫌がらない。動物病院で注射をされるときもおとなしく針にブスっと刺され、美容室に行ってもただ終わるのをじっと待つ。無駄吠えもしなかった。

家の庭におろすと喜んで走りまわる。近所の猫が庭を歩いているのを見つけると、遊んでほしくてシッポを振りながら近づいていく。猫にパンチされて、額に三日月のようなひっかき傷ができても、猫に対して怯えることはなかった。おひとよしの性格は母そっくり。

月日は流れ、私と弟はそれぞれ親元を離れ一人暮らしになった。親とムクから離れて数年。父親が東京へ転勤が決まり、東京で就職していた私は、再び親とそしてムクといっしょに暮らすことになった。私はあまりムクと遊び時間はとれなかったが、どんなに帰宅が遅くなってもムクは玄関まで出迎えてくれた。変わらず、いい子で愛らしい。

だがムクとの別れは突然訪れた。ムクが東京で暮らし始めて2年目。朝、急に具合が悪くなり、住まいの目の前にある動物病院に母が連れていった。夜、家に帰ると母がマンションのベランダから動物病院の明かりを見つめていた。

「大丈夫かな、大丈夫かな」

私も父も昨日までムクは元気だったのでそれほど心配はしていなかったのだが、翌日の朝、動物病院から深夜に容態が急変し、息を引き取ったという連絡が入った。母は電話口で泣き崩れた。

【後編】に続きます。

文・鈴木珠美
カーライフアドバイザー&ヨガ講師。出版社を経て車、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップなどを行っている。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)https://www.beecar.jp/ 」運営。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 最後の1年は介護の日々。もしかしたら、ずっとペットロスなのかもしれません|【愛犬との別れ、ペットロス体験記】 最後の1年は介護の日々。もしかしたら、ずっとペットロスなのかもし…
  2. 救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬 救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別…
  3. 母のペットロス症候群 突然の愛犬との別れ|母のペットロス症候群【後編】
PAGE TOP