新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

冬のドライブを安全に楽しむ秘訣は、こり固まった体と心をほぐすこと。【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美

ドライブストレッチで瑞々しく、集中力もアップ!

ドライブストレッチで瑞々しい集中力もアップ!

寒い冬。ついつい寒さに体を縮めてしまうので首のこり、肩こりがひどくなる季節です。体をぎゅっと縮めてしまうと、胸まわりの筋肉が縮みやすくなるので猫背は増長し、前傾姿勢が強くなるため前かがみになり、気持ちも縮みやすくなります。

体と心はつながっていると言われていますが、実際、緊張すると手に汗が出たり、震えたりと、心の状態が体に現れます。それと同じように、体が縮むと、心も縮みやすくなるのです。心が縮むと、前向きな気持ちになりにくくなったり、柔軟な考え方がしにくくなったりと、心はネガティブな方向へ行きやすくなります。

これは車の運転の前によろしくない状態です。

車の運転は適度な緊張感と、同時に緊張し過ぎていない柔軟な心も必要です。首や肩まわりがこっていると集中力も落ち、判断力も鈍ります。

そこで車に乗り込む前に行いたいのが体をゆるめて心をほぐすストレッチです。とくに寒い冬は体を温めるストレッチが有効。血の巡りを良くすることで首&肩こりの緩和はもちろん、寒さで縮んだ体がほかほかと温まり、心もほぐれるのでリラックスした良い状態で運転に向かうことができます。

グーパーの動きで手指足先を温めよう

ぐーぱーの動きで手指足先を温めよう

末端の冷えは運転の集中力をそいでしまう要素です。そこで“グーとパー”の動きで温めます。指先を大きくパーに広げ、ゆっくりと関節を折り曲げてグーにします。ぎゅっと握ったら、ゆっくりと再び手を大きく広げてパーの形に戻します。手のひらと同時に足指も行います。これを約20回繰り返しましょう。指先、足先は小さい筋肉ですが、意識的に動かすことで内側から温めることが可能です。グーパーの動きを行ったら、あわせて足首まわしも行いましょう。下半身の血行が悪くなると、足先、足首は冷えやすい箇所です。靴下を脱いで、手の指を足の指に絡めて、回します。反対回しも同様に。時間がないときは靴を履いたままでもOK。10回程度回したら反対回しも同じ回数で行いましょう。

肩甲骨をぐるぐる回して肩こり予防

肩甲骨をぐるぐる回して肩こり予防

両手の指先を肩先に置き、背筋を伸ばしたら、両肘を前から回します。息を吸いながら胸の近くに肘を寄せるようにして頭上に上げて、息を吐きながら、肘をなるべく遠くに回すように意識して肘を降ろします。肩甲骨を大きく動かすことがコツです。3回、回したら、反対回しも同様に行います。肩まわりの血の巡り、リンパの流れがよくなることで体の内側からぽかぽかと温まり、緊張した肩まわりがゆるみます。肩こり改善にも効果が期待できます。

下半身を刺激して血の巡りをアップ

片方の手は壁につき、両足のかかと同士をくっつけて背筋を伸ばして立ちます。その姿勢からゆっくりと膝を真横方向に曲げて腰を真下に下げます。下げられるところまでいったら10秒キープして、ゆっくりと戻る。これを3回繰り返します。背筋をまっすぐに伸ばしたまま行うことがコツです。下半身の血の巡り、リンパの流れをよくすることで、下半身を温めます。

お腹の呼吸で体を内側から温めよう

意識的にお腹の呼吸を行うことで体の内側から熱をつくって温めます。お腹の呼吸法はリラックスさせる効果もあるので、寒さでがちがちに緊張した体と心をほぐすのにも効果的です。まず、意識しやすいようにお腹に両手を置きます。太ももの付け根辺りにある座骨は椅子の座面にしっかりとつけて、背筋を伸ばします。鼻から息を吸ってお腹を風船のように大きく膨らませて、いっぱいになったら、吸った息の2倍以上かけるイメージで、鼻から細く長くゆっくりと息を吐きます。お腹がぺちゃんこになるまでしっかりと息を吐き切ることがポイントです。これを5、6回繰り返しましょう。体がぽかぽか温まるだけでなく、イライラしたときや焦る気持ちをクールダウンするときにも役立つ呼吸法です。いつでもどこでもできるので、お手軽な温活テクニック。お試しあれ。

体と心をほぐし、心地よい状態へ導くことは、安全で快適な車生活を送る秘訣です。かろやかに、素敵な車との日々を送りたいですね。

文・鈴木珠美
カーライフアドバイザー&ヨガ講師。出版社を経て車、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップなどを行っている。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)https://www.beecar.jp/ 」運営。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~…
  2. サライ.jp世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。 【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスー…
  3. 日本では特に有名なスーパーカーを愛車にする秋葉さん。その出会いと物語は、【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】バイクに夢中になるきっかけはスズキの『ハスラー…
  4. スズキ/ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ|20年ぶり全面改良された本格4WD【石川…
  5. サライ世代の車の選び方、考え方。自分のためにとことんわがままになろう! シニア世代の車の選び方は、自分のためにとことんわがままになろう!…
PAGE TOP