新着記事

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

冬のドライブを安全に楽しむ秘訣は、こり固まった体と心をほぐすこと。【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美

ドライブストレッチで瑞々しく、集中力もアップ!

ドライブストレッチで瑞々しい集中力もアップ!

寒い冬。ついつい寒さに体を縮めてしまうので首のこり、肩こりがひどくなる季節です。体をぎゅっと縮めてしまうと、胸まわりの筋肉が縮みやすくなるので猫背は増長し、前傾姿勢が強くなるため前かがみになり、気持ちも縮みやすくなります。

体と心はつながっていると言われていますが、実際、緊張すると手に汗が出たり、震えたりと、心の状態が体に現れます。それと同じように、体が縮むと、心も縮みやすくなるのです。心が縮むと、前向きな気持ちになりにくくなったり、柔軟な考え方がしにくくなったりと、心はネガティブな方向へ行きやすくなります。

これは車の運転の前によろしくない状態です。

車の運転は適度な緊張感と、同時に緊張し過ぎていない柔軟な心も必要です。首や肩まわりがこっていると集中力も落ち、判断力も鈍ります。

そこで車に乗り込む前に行いたいのが体をゆるめて心をほぐすストレッチです。とくに寒い冬は体を温めるストレッチが有効。血の巡りを良くすることで首&肩こりの緩和はもちろん、寒さで縮んだ体がほかほかと温まり、心もほぐれるのでリラックスした良い状態で運転に向かうことができます。

グーパーの動きで手指足先を温めよう

ぐーぱーの動きで手指足先を温めよう

末端の冷えは運転の集中力をそいでしまう要素です。そこで“グーとパー”の動きで温めます。指先を大きくパーに広げ、ゆっくりと関節を折り曲げてグーにします。ぎゅっと握ったら、ゆっくりと再び手を大きく広げてパーの形に戻します。手のひらと同時に足指も行います。これを約20回繰り返しましょう。指先、足先は小さい筋肉ですが、意識的に動かすことで内側から温めることが可能です。グーパーの動きを行ったら、あわせて足首まわしも行いましょう。下半身の血行が悪くなると、足先、足首は冷えやすい箇所です。靴下を脱いで、手の指を足の指に絡めて、回します。反対回しも同様に。時間がないときは靴を履いたままでもOK。10回程度回したら反対回しも同じ回数で行いましょう。

肩甲骨をぐるぐる回して肩こり予防

肩甲骨をぐるぐる回して肩こり予防

両手の指先を肩先に置き、背筋を伸ばしたら、両肘を前から回します。息を吸いながら胸の近くに肘を寄せるようにして頭上に上げて、息を吐きながら、肘をなるべく遠くに回すように意識して肘を降ろします。肩甲骨を大きく動かすことがコツです。3回、回したら、反対回しも同様に行います。肩まわりの血の巡り、リンパの流れがよくなることで体の内側からぽかぽかと温まり、緊張した肩まわりがゆるみます。肩こり改善にも効果が期待できます。

下半身を刺激して血の巡りをアップ

片方の手は壁につき、両足のかかと同士をくっつけて背筋を伸ばして立ちます。その姿勢からゆっくりと膝を真横方向に曲げて腰を真下に下げます。下げられるところまでいったら10秒キープして、ゆっくりと戻る。これを3回繰り返します。背筋をまっすぐに伸ばしたまま行うことがコツです。下半身の血の巡り、リンパの流れをよくすることで、下半身を温めます。

お腹の呼吸で体を内側から温めよう

意識的にお腹の呼吸を行うことで体の内側から熱をつくって温めます。お腹の呼吸法はリラックスさせる効果もあるので、寒さでがちがちに緊張した体と心をほぐすのにも効果的です。まず、意識しやすいようにお腹に両手を置きます。太ももの付け根辺りにある座骨は椅子の座面にしっかりとつけて、背筋を伸ばします。鼻から息を吸ってお腹を風船のように大きく膨らませて、いっぱいになったら、吸った息の2倍以上かけるイメージで、鼻から細く長くゆっくりと息を吐きます。お腹がぺちゃんこになるまでしっかりと息を吐き切ることがポイントです。これを5、6回繰り返しましょう。体がぽかぽか温まるだけでなく、イライラしたときや焦る気持ちをクールダウンするときにも役立つ呼吸法です。いつでもどこでもできるので、お手軽な温活テクニック。お試しあれ。

体と心をほぐし、心地よい状態へ導くことは、安全で快適な車生活を送る秘訣です。かろやかに、素敵な車との日々を送りたいですね。

文・鈴木珠美
カーライフアドバイザー&ヨガ講師。出版社を経て車、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップなどを行っている。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)https://www.beecar.jp/ 」運営。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP