NISA(少額投資非課税制度)は「投資」をする際に、利用できる制度であることから「危ない」「怖い」と考えている人もいるかもしれません。NISAで資産運用をはじめる際には、そのメリットとデメリットをよく理解してから始めることが重要です。今回はNISAのメリットとデメリットについて整理して、利用する際の注意点についてもみていきましょう。

100歳社会を笑顔で過ごすためのライフプラン、ライフブック(R)(https://www.smilelife-project.com/)を提唱する、ファイナンシャルプランナー・藤原未来がわかりやすく解説します。

目次
NISAのメリット
NISAのデメリット
NISAを利用する際の注意点
まとめ

NISAのメリット

2024年から拡充されたNISA制度(少額投資非課税制度)は、資産運用をするうえでの「必須アイテム」といって過言ではありません。では、NISAのメリットとはどのようなものなのでしょうか?

投資で得た利益が非課税

NISAの最大のメリットは、投資で得た利益が非課税であるということです。通常、配当金や普通分配金・売却時の譲渡益などには、20.315%が課税されますが、NISA口座では、投資して得た配当金や、普通分配金・売却時の譲渡益を非課税で受け取ることが出来ます。

例えば、100万円で購入した株式が5年後に150万円になっていた場合、売却して得られる譲渡益は50万円となり、課税される場合は約10万円を納税しなければならないため、実際に受け取れる金額は約140万円となります。NISA口座で購入していた場合は、非課税ですので150万円をそのまま受け取ることが出来るのです。

また、非課税で受け取った利益を再投資することで、特定口座や一般口座よりも効率良く資産運用をすることが期待できます。

NISA口座内で得た利益は確定申告が不要

一般口座や、「源泉徴収なし」を選択した特定口座で得た利益は、確定申告が必要となるケースがあります。しかし、NISA口座のみで資産運用している場合、他に申告する事由が無い限り、NISA口座内で得た利益は非課税所得であるため確定申告をする必要がありません。

初心者でも始めやすい

つみたて投資枠では対象となっている金融商品が、長期・分散・積立投資に適していると考えられる一定の要件を満たした投資信託であるため、投資経験が無い人でも始めやすいということもメリットの一つと考えられます。

NISAのデメリット

NISA制度が拡充されたことで、NISA口座を利用して投資を始める人も多いのではないでしょうか? しかし、安易に始めることはおすすめできません。では、NISAのデメリットとはどのようなものなのでしょうか?

損失が発生する可能性がある

NISAは、「投資」をする際に利用できる制度です。「投資」には「リスク(値動きの振れ幅、不確実性のこと)」がありますので、元本は保証されません。マーケットの状況によっては「元本割れ」するケースもあるということを、十分に理解した上で始める必要があります。

損益通算や損失の繰越控除ができない

損益通算とは、その年に発生した利益と損失を相殺することです。損失の繰越控除とは、投資で出た損失を最長3年間にわたって繰り越せる制度のことです。課税口座(一般口座と特定口座)ではこれらの仕組みを活用することで、支払う税金を減らせる可能性があります。

しかし、NISA口座では、損失が税務上ないものとみなされるため、仮にNISA口座で損失が発生しても、課税口座の利益と損益通算はできません。損失の繰越控除も適用できません。

1人につき1口座しか開設できない

NISA口座は、1人で複数の口座を開設できません。例えば、ある証券会社でNISA口座を開設した場合、他の金融機関では開設できなくなります。金融機関によって取り扱っている銘柄や種類、手数料が異なるため、NISA口座を開設する金融機関は慎重に選ぶ必要があります。

「元本割れ」や「損失」となった場合においては、「NISAはデメリットしかない」と言う人もいるようですが、NISAのデメリットについてもしっかりと把握してから始めることが重要です。

NISAを利用する際の注意点

NISAを利用する際には、「リスクがある」「元本割れの可能性がある」ということに注意する必要があります。そこで、リスクをコントロールして元本割れを回避することが求められます。

リスクを分散させる

投資する金融商品や、購入する時期を分散させることで価格変動のリスクを抑え、安定したリターンを得る投資方法のことを「分散投資」といいます。反対の値動きをする金融商品に投資すれば、一方が値下がりしたときに、もう一方の値上がり分で損失を相殺することにより、投資全体の値動きの大きさを抑えることができるということが基本的な考え方です。

また、購入の時期を複数に分ければ、価格が低いときには口数を多く、高いときには口数を少なく買うことになり、長期的に見たら平均購入価格を抑えられます。このように、時間分散する手法は「ドルコスト平均法」と呼ばれています。「分散投資」を行ない、価格変動のリスクをコントロールすることで、大きな損失を回避できる可能性があります。

長期で保有する

相場は常に変動しているので、「分散投資」をするだけでは、元本割れを回避することが出来ません。短期間での投資では、大幅な価格の下落によって元本割れしてしまう可能性があるのです。経済が発展していくという前提の下では、長期的に見れば元本割れするリスクは少なくなる傾向にあります。

目の前の値動きに一喜一憂することなく、長期分散投資を続けることが大切です。

まとめ

今回は、NISAのメリット・デメリットや利用する際の注意点についてみてきましたが、いかがだったでしょうか? デメリットにあるように、元本が保証されていないことは不安ではありますが、資産運用の正しい知識を身につけて、メリットを生かしNISAを活用していきましょう。

NISAは、資産運用する人にとって必須アイテムと言えますが、投資にはリスクがあります。ルールを理解した上で、非課税のメリットを生かすために上手にNISAを活用していきましょう。

資産運用や投資のアドバイスは、今や銀行などの金融機関の窓口でもさかんに行なわれています。同時に、インターネット上でもYouTubeやSNSを通じて色々な人がそれぞれの立場から投資術などを発信しています。しかし、それらのアドバイスは本当にあなた自身に適したものなのでしょうか? 

さまざまな金融商品が出回っている世の中だけに、あなたの味方になって守ってくれる相談相手を持つことが必要な時代になっています。

●取材協力/藤原未来(ふじわらみき)

株式会社SMILELIFE project 代表取締役、1級ファイナンシャルプランニング技能士。2017年9月株式会社SMILELIFE projectを設立。100歳社会の到来を前提とした個人向けトータルライフプランニングサービス「LIFEBOOK®サービス」をスタート。米国モデルをベースとした最先端のFPノウハウとアドバイザートレーニングプログラムを用い、金融・保険商品を販売しないコンサルティングフィーに特化した独立フランチャイズアドバイザー制度を確立することにより、「日本人の新しい働き方、新しい生き方」をプロデュースすることを事業の目的とする。
問い合わせ先:03-6403-5390(株式会社SMILELIFE project)

株式会社SMILELIFE project(https://www.smilelife-project.com

●編集/京都メディアライン(HP:https://kyotomedialine.com FB

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店