取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、そのときに感じた率直な思いを語ってもらう。

年末年始の大型連休が近づいてきて、義実家への帰省を予定している方も多いだろう。スマートフォンアプリ「Experienshare」を提供する株式会社greedenが実施した「帰省ブルー」(実施日:2023年5月25・26日、有効回答数:義理の実家に帰省する予定の妻1001人、インターネット調査)によると、「義理の実家に帰省することは憂鬱ですか?」の質問に対して、6割以上(64.8%)が憂鬱に感じていた。

次いで、株式会社うるるが実施した「子育てに関する情報収集と親世代との価値観の違いに関する調査」(実施日:2023年12月2・3日、有効回答数:0歳~6歳の未就学児をもつ20代~40代の親500人、インターネット調査)を見てみると、未就学児の親の3割強(34.2%)が、実の両親や義理の両親に子育てに関する相談をしないと回答。その理由として、「相手の負担になるから」(30.1%)、「価値観が合わないから」(29.8%)、「口出しや干渉をされるから」(17.4%)が続いた。

今回お話を伺った諒子さん(仮名・43歳)も、帰省ブルーに入っている1人。5歳年下の男性と33歳のときに結婚して、現在は義実家から離れた場所で子どもとの3人暮らしをしている。夫は4人きょうだいの長男。親戚で集まったときに諒子さんは義弟、義弟の結婚相手の中で一番年上だという。

学歴至上主義の家では、有名大学に進学した時点で子育ては上がり

諒子さんは千葉県出身で、両親と2歳下に弟のいる4人暮らし。父親は学歴至上主義。勉強のことには口うるさかったが、成績が良ければプライベートのことに口出しをしてこなかった。諒子さんは親の干渉から逃れたいために勉強を頑張り、難関有名私立大学に入学した。

「『これからは女も学歴がないといけない』というのが父親の口癖でした。父は私が勉強さえできれば、後は干渉してきません。だから、人一倍勉強を頑張ったんです。

うちの家は亭主関白な家で、母親は専業主婦。母親は父親の言いなりで、私の勉強でダメな部分があると、『ちゃんとしないとお父さんに怒られるわよ』と、自分の意志ではないアピールをしていました。そんな母親に甘えたいという気持ちは、気づいたらありませんでしたね」

父親は有名大学に進学したことで満足し、そこから父親の関心はすべて弟に移って、諒子さんは完全に自由になった。1年留年してしまったときも強く咎められなかったという。

「大学は遊んでいた記憶しかありません。弟が2個下ということもあり、私が大学に合格するとすぐに父の監視は弟一択になりました。母親も父と同じように私に関心を向けないようになったので、大学時代は友人や彼氏の家に入り浸って月に数日実家に帰るだけになっていました。遊ぶお金欲しさに講義よりもアルバイトを優先していたら、留年してしまって。さすがにそれを親に伝えるときは震えました。でも、父親は『ちゃんと卒業すると約束だけしろ』と言うだけでした。弟が私よりいい大学に入ったので、もう私には無関心だったみたいです。私はその約束を守って、必死に卒業だけはしました」

【5歳年下の男性と交際7年で結婚。次ページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店