取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、そのときに感じた率直な思いを語ってもらう。

岡山県で、駐車場の車の中に2歳の男の子が約9時間半置き去りにされ死亡するという事件が起こった。容疑者となってしまった祖母は孫をとても可愛がっており、その日も娘に頼まれて孫を保育園に連れて行くように頼まれていたという。株式会社⼩学館集英社プロダクションは、全国の未就学から⼩学⽣の⼦どもを持つ男⼥209名を対象に、「お⼦さんの教育に関する」アンケート調査(実施日:2023年6⽉16⽇〜6⽉18⽇、有効回答数:209名、インターネット調査)を実施したところ、祖父母にしてもらいたいサポートの1位は「金銭的な援助」(33.5%)だったが、2位は「親の不在時に子どもを預かってほしい」(28.7%)、3位「子どもと遊んでほしい」(19.1%)という結果になった。また「幼稚園・保育園・学童の送迎をしてほしい」(13.4%)、「習い事の送迎をしてほしい」(18.2%)とあるように、多くの親が祖父母のサポートを望んでいることがわかる。

今回お話を伺った恵さん(仮名・71歳)は現在夫との2人暮らし。しかし、近所に住む娘夫婦と息子夫婦の孫の世話に毎日が精一杯で、ゆっくりと自分の趣味などを楽しむ老後の時間はまったくないと訴える。

祖父母の紹介で知り合った男性と結婚するも、子育てで家から見放される

恵さんは大阪府出身で、27歳のときに7歳上の男性と結婚した。祖父母から勧められた結婚相手で、すぐに交際が始まって1年後に結婚。2年後に長男、さらに4年後に長女を出産した。

「当時は行き遅れという感じはあったと思います。いわゆる“腰かけ”のつもりで仕事を始めたのに、寿退職も全然できなくて焦っていました。紹介は相手もいなかったので反対する理由がありませんでした。親族が認めている相手なら結婚までスムーズにいくだろうなって思って、すんなり受け入れました。

そこからはとんとん拍子。3回ぐらいデートした後に付き合うことになって、付き合って半年ほどでプロポーズを受けました。夫は恋愛に対しては淡泊なイメージでしたが、真面目で、想像通りの父親になってくれました」

2人の子どもの子育てはとても苦労したという。長男が友人たちの影響で高校を中退してしまい、続けて長女も高校を中退。「子育てに失敗したと両家から見放された」と恵さんは語る。

「長男は、中学生の頃から付き合っている友達が変わってきて、友達の家に泊まると帰って来なくなることも増えました。私は姉と妹のいる3姉妹で育って、男の子の子育てがわからずで、女の子よりも親離れが早いという認識はあったのでそれが普通だと思っていたんです。でも、息子が補導や万引きで捕まるなど問題行動が多くなり、義両親や私の親からは“あんた(親)が悪い”と言われ続けました。

長男の影響を受けたのか、娘まで高校に進学したものの学校に行かずに遊ぶようになってしまって。『学校をやめるならちゃんと働け』と子どもたちを見捨てなかった夫がいなかったら、子どもたちと今の関係は築けなかったと思います」

【里帰り出産という名目で娘が実家に居座るようになる。次ページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店