取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、そのときに感じた率直な思いを語ってもらう。

内閣府が行っている生涯学習に関する世論調査(令和4年7月調査)によると、学校を出て一度社会人となった後に、大学、大学院、短大、専門学校などの学校において学び直しをしたことがあると回答した人は15.1%(正規課程、公開講座や社会人を対象とした学習プログラムなどの短期の講座含む)となっている。「学び直しをしたことはないが、今後は学び直しをしてみたい」と答えた人の割合は29.3%となり、約3割の人が社会人になってからの学び直しを望んでいることがわかった。学び直しを望んでいる高齢者も多く、60~69歳では28.9%、70歳以上でも15.4%となっている。

今回お話を伺った詩織さん(仮名・43歳)は22歳のときに結婚して、1人の子どもを授かり、現在は夫との3人暮らしをしている。学び直しをしているのは詩織さんの義母。意欲的に学習することは悪くないのだが、詩織さんはさまざまな負担をこうむられているという。

義母は息子よりも夫

詩織さんは愛知県出身で、両親と2歳下に弟のいる4人家族。高校を卒業して、詩織さんは美容学校に進学。2年間の勉学を経て、愛知県内で美容師となった。しかし、美容師をしていた期間はわずか2年弱。子どもを授かったことにより、退職した。

「美容学校時代にアルバイトをしていた飲食店の社員が今の夫です。4歳上で、相手は高校を卒業してすぐに働いていたので社会人経験はそれなりにあったこともあり、結婚に反対はされませんでした。まぁ親からはせっかく美容師になれたばかりなのに……とは言われましたけどね。でも、仕事前後のレッスンなど拘束時間が多いし、手荒れとかも酷くなってどうしても妊娠中に続けられる仕事ではなかったので、仕方なく。

結局、美容師をやったのはその2年にも満たない期間だけ。私の弟も美容師になったんですが、弟は今や店長になって楽しくやっていて、羨ましく思うときはあります」

夫の実家は兵庫県。結婚後も夫の勤め先がある愛知県で生活をしていたこともあり、義両親との交流は年に数回だけ。義両親は夫婦仲は良く、息子や孫よりも夫婦2人での生活を楽しんでいるように見えたという。

「私たち夫婦の前でイチャイチャするような義両親ではないものの、私たちに久しぶりに会ったときには義母から『お父さんと〇〇に行ったときには~』というような2人で出掛けた話を永遠にされるので、仲良しなんだろうなって(苦笑)。日本の47都道府県を2人で回ろうとしているようで、毎回会うたびに4か所くらいのお土産をいただきます。息子や孫よりも義母は義父のことがより好きなんだろうという感じがしていました。

私はそんな義両親のような夫婦に憧れていたんです。夫婦関係はもちろん、子どもとの関係性や、子ども夫婦との関係性とかすべてで」

【義父を失ったことで義母は睡眠障害に。次ページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店