取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、そのときに感じた率直な思いを語ってもらう。

ベビカム株式会社は、妊娠中の夫婦の性生活に関する調査を実施(調査期間:2023年4月18日〜21日 のべ回答数:229【女性:96.1%(うち、妊婦さん:14.3%)、男性:3.9%】)。今回の調査の中で「妊娠中、妊娠前と比べて性生活に変化はありましたか?」との問いに「はい」と回答した人の割合は75.5%。妻側から「そういう気持ちにはならなかった」の他に、「おなかの子を気にして一切拒否」されたという夫側から拒否された回答も目立っていた。

今回お話を伺った美月さん(仮名・39歳)は、結婚する以前にレス状態に陥った過去があり、そうならないために夫婦2人で性生活の決め事を作っていた。【その1はコチラ

妊娠中、最初に拒否したのは夫。その理由は……

性生活の決め事が美月さんの妊娠を機になくなってしまう。悪阻の時期は美月さん自身がそんな気持ちにならなかったが、安定期に入ると注意しつつも夫婦で仲良くしたい気持ちが復活したそう。しかし、そのときには夫側が拒否してきたという。

「初めての妊娠で、最初の頃は自分の体調の変化に戸惑うばかりで他に何も考えられませんでした。仕事を退職したなど、環境の変化もありましたし。

でも、安定期に入って、夫に触れたいという気持ちが戻ってきました。こんなことを誰にも相談できずに、医師にだけ伝えたら『ルールを守れば、妊娠中でも大丈夫』との言葉をいだだけたので、夫に相談しました。そしたら、『お腹の子に何かあったらと思うと怖くてできない』と拒否されてしまって。一度拒否されると恥ずかしくて二度と誘えなくなり、そこから出産するまで夫婦生活は一切ありませんでした」

夫婦生活が一切なくなっても、浮気を心配したことはなかったという。その理由は、夫は性に淡泊だと思っていたから。しかし、マッチングアプリを使って浮気を繰り返していたことが発覚する。

「スマホに無頓着な人が寝室まで持って、枕の横に置いて寝るようになったんです。本当になんとなく怪しい感じがしたのでスマホの中身をチェックしたら、マッチングアプリがあって、その中には生々しいやりとりがありました。しかも数人と。そのときは怒りもありましたが、離婚するとなるとこの子と二人で生きていくことになるのか……と不安な気持ちが強かったです」

【義母の言葉がやり直そうという気持ちを奪った 次ページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店