『人口動態統計』(2021年 厚生労働省)によると、全ての婚姻件数に対する再婚の割合が増えていることがわかる。1995年は、夫13.2%、妻11.6%だったが、2021年には夫19.1%、妻16.6%と増加している。

今回の依頼者は、司法書士の昇さん(45歳)だ。「母(70歳)が“再婚する”と言い出し、頭を抱えています。相手の男は10歳年下だそうです。こいつの氏素性を調べてほしいのです」と、キャリア10年以上、3000件以上の調査実績がある私立探偵・山村佳子さんのもとに来た。

【それまでの経緯は前編で】

70歳には見えないほど、若々しい母

母は昇さんの実父のDVから息子を守るようにして、40年前に離婚。当時、母子家庭への偏見が強くそこから息子を守るように育て上げた苦労人です。昇さんはそんな母の期待に応え、関東近郊の有名国立大学法学部在学中に司法書士試験に合格。25歳のときから、毎年母と海外旅行に行き、30歳で母と住むマンションを購入。45歳まで独身を貫いていました。

最愛の母に恋人ができ、結婚したいと言っている。相手の男性は交通関連の会社に勤務し、労働組合活動をしていたと言います。4年前の区議選で母と男性は出会いましたが、交際を隠していたらしく、昇さんは相手の男性のことを一切知らない。まずは母の足取りを追うことにしました。

母の生活パターンを伺うと、女性の友達が多く、さまざまなボランティア活動やアルバイトをしているとのこと。18時には必ず家にいるので、朝9時から3時間くらい見て、男性と会う様子がなければ終了するという調査をしていました。

母は70歳とは思えないほど若々しい。息子・昇さんはふっくらした体型ですが、母はスリムで筋肉質です。ピタッとしたスパッツにオーバーサイズのシャツというのが定番スタイルで、まさにアクティブシニアの典型。調査1日目は友人夫妻が経営する喫茶店でアルバイト、2日目は読み聞かせサークル、3日目は『古事記』の勉強会と忙しい。

変化があったのは5日目の金曜日です。母のファッションが女性らしい雰囲気になっているのです。そして香水の香りもほんのり漂っている。「これは恋人と会う」と確信し、後を追います。

母は池袋駅まで行き、待ち合わせ場所で人待ち顔をしています。トイレに立ち寄り口紅を直していたので、これは男性と会うことは間違いがない。

すると、遠くから「ごめんなさいね」と手を振りながら、小柄な男性が走ってきます。男性はスリムで端正な顔立ちをしており、優しい印象。「みっちゃん(母のこと)、お待たせしたね。ちょっとバスが遅れちゃって」と母の手を取ります。

母と男性は手をつないで私鉄方向に歩いていき、埼玉方面へ。1時間ほど電車に乗って、オーガニックカフェに入っていきます。男性はとても饒舌でボディタッチが激しい。「そのピンクのシャツ、かわいい」「みっちゃん、おぐしが豊かでいいね」などと、しきりにほめており、母もうっとりしています。

食事が終わると、母が3000円程度の会計をします。その後、古民家を見学したり、公園を散策したり。人目がないところに来ると、男性は母を抱きしめてキスしています。それがとても優しく、母をいたわっていることがわかります。その日は17時に池袋で解散。男性は母に「これ、みっちゃんに似合うと思って。100均で恥ずかしいけれど気持ち」と手を両手で握っていました。

【男性の家は公営住宅、財産目当てではないのか……次のページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店