投資信託は、資産運用の道具の一つとして多くの人に利用されています。しかし中には、「投資信託は危ない」というように考える人もいるでしょう。投資信託の仕組みや活用方法などを理解したうえで利用した場合、資産運用において有効な道具の一つであると考えられます。

利用をする前に、まずは投資信託の仕組みを理解することが重要です。この機会に投資信託についての理解を深めていきましょう。100歳社会を笑顔で過ごすためのライフプラン、ライフブック(R)(https://www.smilelife-project.com/)を提唱する、ファイナンシャルプランナー・藤原未来がわかりやすく解説します。

目次
投資信託の仕組みとは?
投資信託に登場する機関
投資信託で利益が出る仕組みとは?
まとめ

投資信託の仕組みとは?

初めて投資信託を購入する際には、投資信託の仕組みについて理解しておく必要があります。既に投資信託を保有している人の中にも、勧められるままに購入して、仕組みや内容についてほとんど知らないという人もいるのではないでしょうか? 投資信託とはどのようなものなのか、まずは投資信託の仕組みについて見ていきましょう。

投資信託とは

投資信託はファンドと呼ばれ、証券会社や銀行などの金融機関で販売されています。多くの投資家から集めた資金を、投資家の代わりに資産運用のプロであるファンドマネージャーが投資・運用する金融商品です。

例えば、株式で構成された株式ファンドでは、集められた資金で多くの株式銘柄に投資することが出来ます。

<図表1>株式ファンドのイメージ

(株式会社SMILELIFE projectにて作成)

何に投資するのか?

投資信託の主な投資先は、「株式」「債券」「不動産投資信託(リート)」などがあります。

・株式

株式会社が資金を出資した人に発行する有価証券

・債券

国や企業などが資金を借り入れるために発行する有価証券

・不動産投資信託(リート)

投資家から集めた資金で不動産を購入し、賃貸収入や売買益から収益を得て投資家に分配する金融商品

日本国内だけでなく、外国の株式・債券・リートなどで構成されている投資信託もありますので、種類は様々となります。

投資信託のタイプ

投資信託は、インデックス型ファンドとアクティブ型ファンドに分けることが出来ます。

インデックス型は、指標(例えば日経平均株価やTOPIXなど)に連動させたファンド。その成果は、指標となる値に左右されます。それに対して、アクティブ型は指標以上の成果を上げることを目指すファンドです。

アクティブ型は、インデックス型より高い成果を上げるためにファンドマネージャーが銘柄分析や選定などで手間をかける分、インデックス型よりもコストが高くなりやすいという特徴があります。

<図表2>インデックスファンドとアクティブファンド

(株式会社SMILELIFE projectにて作成)

投資信託に登場する機関

投資信託に登場する機関は、販売・運用・管理をする機関に分けられます。

<販売>

投資信託は、証券会社・銀行・保険会社などの金融機関で販売されています。金融機関の窓口で担当者により販売されるケースと、ネット証券で口座開設をして自分で購入するケースがあります。

金融機関窓口で購入する場合は担当者がいるため、フォローサービスがあるなど、安心感が得られます。その反面、購入時の手数料が比較的高めであることや、金融機関によって取扱っている商品数が少ないなどの特徴があります。

一方、ネット証券では購入時の手数料が比較的安いことや、取扱っている商品数が多いためファンドの比較ができます。その反面、口座開設や商品の選定・購入・口座の管理も、原則自分で行う必要があるといった特徴があります。

<図表3>「金融機関窓口」と「ネット証券」

(株式会社SMILELIFE projectにて作成)

<運用>

投資信託の運用は運用会社で行います。運用会社に所属する投資のプロであるファンドマネージャーが銘柄分析をして選定し、信託銀行に対してファンドの運用(銘柄の売買)を指図しています。

<管理>

投資家から集めた資金を、管理・保管しているのは信託銀行です。運用会社より、運用指図を受けてファンドの運用(銘柄の売買)を行います。

投資信託で利益が出る仕組みとは?

投資家はファンドの運用で得た利益を受け取ることになりますが、投資信託の利益はどのようにして生まれるのでしょうか? ここでは、投資信託で利益が出る仕組みについて解説します。

投資信託で得られる利益は、大きく3つあります。

・売却益

売却益とは、株式や債券など保有している資産を売却することによって得られる利益のことです。例えば、投資信託に100万円を投資して、投資信託の評価額が上がり150万円で売却できた場合、50万円が売却益となります。英語では「キャピタルゲイン」と言います。

・分配金

分配金とは、株式や債券などの資産を保有していることで得られる収益のことです。投資信託では、株式や債券などの運用で得た収益の一部を分配金として投資家に分配します。英語では「インカムゲイン」と言います。

投資信託によって分配金の出るタイプと、分配金を運用資産として再投資するタイプがあります。

・解約益、償還差益

解約益は、投資信託の運用期間中に契約解除したときに得られる利益です。償還差益は、投資信託の運用期間終了(償還)時に得られる利益です。契約終了時に利益として受け取ることができるものを指しますが、解約や償還のタイミングによっては損失が出る可能性もあるので注意が必要です。

利益について解説しましたが、投資信託は利益が保証された商品ではありません。評価額は常に変動するため、値が下がることがあり得ることも理解しておく必要があります。

まとめ

投資信託の仕組みについて見ていきましたが、いかがだったでしょうか? 知らないから怖いということの無いように、投資信託の仕組みを理解したうえで、資産運用の道具の一つとして上手に活用していきましょう。

資産運用や投資のアドバイスは、今や銀行などの金融機関の窓口でもさかんに行われています。同時に、インターネット上でもYouTubeやSNSを通じて色々な人がそれぞれの立場から投資術などを発信しています。しかし、それらのアドバイスは本当にあなた自身に適したものなのでしょうか? 

さまざまな金融商品が出回っている世の中だけに、あなたの味方になって守ってくれる相談相手を持つことが必要な時代になっています。保険や金融商品を「販売しない」独立系のFPは、中立的かつ客観的な立場から相談に乗り、あなたのライフプランに合った正しい選択肢を示してくれます。

●取材協力/藤原未来(ふじわらみき)

株式会社SMILELIFE project 代表取締役、1級ファイナンシャルプランニング技能士。2017年9月株式会社SMILELIFE projectを設立。100歳社会の到来を前提とした個人向けトータルライフプランニングサービス「LIFEBOOK®サービス」をスタート。米国モデルをベースとした最先端のFPノウハウとアドバイザートレーニングプログラムを用い、金融・保険商品を販売しないコンサルティングフィーに特化した独立フランチャイズアドバイザー制度を確立することにより、「日本人の新しい働き方、新しい生き方」をプロデュースすることを事業の目的とする。
問い合わせ先:03-6403-5390(株式会社SMILELIFE project)

株式会社SMILELIFE project(https://www.smilelife-project.com

●編集/京都メディアライン(HP:https://kyotomedialine.com FB

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店