嫁は切迫早産で入院、ベビー用品は準備不足

優子さんから送られてきたベビー用品リストを、光子さんはお嫁さんにその場で転送する。

「お嫁ちゃんと孫が不自由な思いをしていたら困ると思って、その場で転送したんです。というのも、お嫁ちゃんは切迫早産になってしまい、2か月間入院していたんです。だからベビー用品を揃える間もなく出産してしまった。息子は気が利かないから、せめて私がフォローしようと思って、送ったんです」

するとお嫁さんからは、喜びの言葉とともに、すぐに返信が来た。

「ベビーチェアと抱っこひもが欲しいとあり、優子に“どんなのがいいの”と聞いたら、“それならウチに使っていないのがあるから持って行くよ”という。お嫁ちゃんに”中古でもいい?”とLINEしたら“ありがたいです”と返信がきた。優子は“じゃあ、今夜持って行くね”と言ってくれた。その時は、友達っていいなと思いました」

その夜、ベビーチェアと抱っこひものほかに、大量のおもちゃやベビー服が届けられた。

「門の前で“こんなにたくさん、ありがとう”と御礼を言い、フンパツして購入した御礼の日本酒を優子に渡しました。そして、届けてくれたグッズを家に運び込んだんです。明るいところで見たら、それらのベビー用品は驚くほど使い古されていました」

抱っこひもはヨダレのシミが残っており、ベビーチェアは食べこぼしがこびりついていた。蝶番部分にはホコリが溜まっており、クッション部分はホコリと垢で黒ずんでいた。

「よくもまあ、こんなものを人にあげるな……というレベルなんです。ベビー服や食器も黄ばんでいたので、それらは捨てましたが、ベビーチェアは粗大ごみ。処分にもお金がかかります。仕方がないのでクッションを洗い、イス本体は主人と2人がかりで拭きあげてピカピカにしました」

そして、夫から「これはひどいな。光子は優子さんからバカにされているんじゃないか?」と言われた。

「その通りだと思いましたが、彼女の態度を見るとそうともいえないんですよね。根本的に常識が違うんだと思ったんです。いつからそうなったのか……上手に距離を置ければいいのですが、優子から“あれ、使ってる?”とLINEが頻繁に入るのもうっとうしい。優子はもともとパワーがあったのですが、3年前に孫が生まれてからは、それが強くなった。今までいろんなことがありながら、50年近くも続いていた友情も”終活”のときを迎えたのかな……と考えています」

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』 『不倫女子のリアル』(ともに小学館新書)がある。連載に、 教育雑誌『みんなの教育技術』(小学館)、Webサイト『現代ビジネス』(講談社)、『Domani.jp』(小学館)などがある。『女性セブン』(小学館)、『週刊朝日』(朝日新聞出版)などに寄稿している。

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
10月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品