関係が近いからこそ、実態が見えなくなる家族の問題。親は高齢化し、子や孫は成長して何らかの闇を抱えていく。愛憎が交差する関係だからこそ、核心が見えない。探偵・山村佳子は「ここ数年、肉親を対象とした調査が激増しています」と語る。この連載では、探偵調査でわかった「家族の真実」について、紹介していく。

***

今回の依頼者・志乃さん(仮名・67歳)は「なんで私が探偵事務所の椅子に座っているのか、悪夢を見ているようです」とかなりやつれた様子で私たちの事務所にいらっしゃいました。

夫は子育てにノータッチな仕事人

志乃さんは私の知人の紹介で私たちに調査を依頼。知人は「志乃さんご夫妻は、結婚40年。お子さんも2人いるの。でも、最初の10年間、お子さんに恵まれず、結びつきが強い。少女のような志乃さんとダンディなご主人は、おしどり夫婦で有名なのよ。だから今回のことで落胆していて……力になってあげて」と語っていました。

志乃さんは「今度のことで誰も信じられなくなってしまって。あなただけが頼りです」と私を力強い目で見つめます。まずは、夫婦のなれそめを伺いました。

「私が洋裁学校を出て、パタンナーをしているときに、当時大学院生だった主人と出会いました。スキーが共通の趣味だったのよね。2年お付き合いして、結婚して……主人は会社勤めの傍ら、スキー関連の仕事をしたり、親から譲られた不動産の管理をしていたんですよ。10年間子供ができなくて、あきらめたときに37歳で娘を、39歳で息子を産んでからてんやわんやでした」

夫は子育てにノータッチだった。

「当時の男の人は、仕事最優先だったから、仕方ないですよ。主人はほとんど会社にいて、接待だ、ゴルフだと飛び回っていた。私は仕事を辞めて家庭に入って、子育てに専念しました。それはそれで楽しいし、主人はそんな私をとても大切にしてくれて、家にマッサージ師を呼んでくれたり、食事に連れて行ったりしてくれました。そういう人はとても少なかったので、うらやましがられました」

夫は役員まで上り詰め、2年前に定年退職した。

「それから夫婦仲良く楽しく暮らしていました。子供たちもとっくに結婚して家を出ていたので、別荘に行って家の手入れをしたり、ゴルフをしたり……コロナでも夫婦で楽しめることってたくさんあるんですよね」

【娘が半年前に出産して、夫の異変に気が付いた…次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
9月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品