妻が飢えていたのは、愛情だった。親を知らず、相手を傷つけ愛を確認する

重明さんの妻は、裕福な祖父母宅に暮らしていた。

「彼女は、ウチとはまた別のエリアの由緒正しい街に巨大な日本家屋があり、そこに住んでいた。いろんな噂がある人で、とにかく、一緒にいる時間を多く持とうと思って、なるべく接触のチャンスを増やした。その結果、口説き落として付き合うことになったんだよね。まあ、なんというか激しい女性でね。僕を試すようなことばかりするんだ」

若き日の妻は、レストランの約束をすっぽかす、パーティで重明さんを無視し別の男性と親し気にする、高価なものを買えとねだられ、いざ買うと「いらない」と突き返してくる……。

「僕の周囲には、従順な女の子ばっかりだったから、彼女のそういう行動が新鮮だった。もちろん激怒して別れたことが何度もある。別の女性と付き合っても、また彼女がよくなってしまう。あれだけ頭の回転が早くて、激しい人はいないからね。それに、僕に対してかなりひどいことをしているんだけど、一番やってはいけない浮気はしていない。すごく一途な人なんだ」

最初に出会ったのは、重明さんが25歳のとき。それから1年かけて交際に漕ぎつけた。4年後、重明さんが勤務していた商社を辞め、親の事業を継ぐ30歳のタイミングで結婚する。

「僕の両親は『カタオヤの家の娘など許さない』と、大反対。結婚させたかった人もいたみたいで、半ば駆け落ちのように入籍しました。当時としては珍しく、披露宴もしなかった……というより、彼女の両親とは疎遠だし、彼女の親代わりの祖父母とも折り合いが悪く、披露宴ができなかった。その時に『ごめんなさいね、こんなに振り回しちゃって』と彼女が泣きながら言った姿が、かわいらしくていじらしくて。改めて、この女性を守っていこうと思ったんだけどね」

【「結婚したら家庭に入って欲しい」それが大きな間違いだったかもしれない……~その2~に続きます】

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
9月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品