息子は素直に受験勉強を始めたが

息子は父親の学歴コンプレックスを知っていた。その怒りに触れ「わかった」と受験勉強を始めたが、中高の6年間、勉強はガールフレンド頼みだったので、学力が身についていなかった。

「高校3年生の1月に、中学1年の勉強から始めた。2浪して無名の大学に合格。1留して卒業したころには、25歳になっていました。就職氷河期だったので、次男には正社員就職の道は厳しかった。ところが、先輩のツテでレストラン運営会社に入ったら、たちまち頭角を現し、30歳のときに役員になったんです」

この頃は羽振りがよく、結婚したのもこの年だった。相手は次男と同じ年の元キャンペンガール。その経歴通りに、美しい女性だった。

「“この人と結婚する”と最初に紹介されたとき、なぜかソクラテスの名言と言われている“結婚してもしなくても、君はどのみち後悔することになる”を思い出したんです。この子と結婚しても、息子は後悔する。結婚しなかったらそれはそれで後悔するという感じ。長男は弟の妻の顔を見てハッとしていました」

長男の好みだったのだろうか。

「あ……それは違うというか……主人は10年くらい、夜間大学の同級生と関係を持っていて、その女性が家に乗り込んできたことがあったんです」

信子さんはあっけらかんと話す。聞けば、信子さんは性を嫌悪しており、夫とは子供を作るとき以外は、ほとんどしていないという。

「求められても拒んでしまう。今話題の妻公認不倫というやつです。でも相手の女性は本気だった。当時の不倫は命がけですからね。女性がウチに乗り込んできて、私の前で手首を切ろうとしたことがあったんです。そこにたまたま帰ってきたのが、当時高校1年生だった長男。柔道をやっていたから、女性のことをねじ伏せるようにして、私を守ってくれた。次男の嫁は、その女性そっくりだったんです」

おそらく、多感な時期に父親の色恋沙汰に触れて、長男は女性嫌悪になったのではないか。

「長男は夫を尊敬していましたし、夫も長男に厳しく接していた。私自身が恋愛は汚らわしいものだという意識が強く、長男はその影響を受けているのかもしれません。長男に女性の影はありません」

【次男の嫁による、熟年離婚の危機は、夫の“老いらくの恋”の気配があること……後編に続きます】

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』 『不倫女子のリアル』(ともに小学館新書)がある。連載に、 教育雑誌『みんなの教育技術』(小学館)、Webサイト『現代ビジネス』(講談社)、『Domani.jp』(小学館)などがある。『女性セブン』(小学館)、『週刊朝日』(朝日新聞出版)などに寄稿している。

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品