取材・文/ふじのあやこ

離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じる問題、そして新たに生まれたものを、当人にインタビューして、当時感じた素直な気持ちを掘り下げます。【~その1~はコチラ

今回お話を伺った奈実さん(仮名・39歳)は26歳のときに結婚して、現在は兵庫県で旦那さまと2人の子どもと暮らしています。奈実さんは兵庫県出身で、母親と7歳上に姉、2歳上に兄のいる4人家族。学生時代から付き合っていた男性との子どもを妊娠したことがきっかけで、26歳で結婚することにしたそうですが、義両親は奈実さんの両親に謝りたいと言い出して……。

「義両親からすると、息子が他所の娘さんを妊娠させてしまったということなんでしょうが、私の両親は怒っているわけでもなく結婚を喜んでくれていて。どうしても謝罪をしたいと言われたのでその場を設けることになったのですが」

結婚式は親戚を招かずに家族だけでと提案された

義両親が指定してきたホテルは兵庫県内の由緒正しいホテルの中にあるレストラン。義両親に片親だと言い出せなかった奈実さんは、父親にもお願いして2人で食事会に参加してもらいます。

「どこかで伝えなければと思っていたんですが、そのまますぐにその日が来てしまって、夫と相談し両親の離婚は今は黙っておいて事後に報告しようということになって。両親にも一応伝えていました。母親は『良いところの子なの? 大変ねぇ~』とすごく楽観的だったことを覚えています(苦笑)。

対面したときにはすぐに義両親が深く頭を下げられてしまって、恐縮したうちの両親が頭を上げてくださいと伝えても上げてくれなかったので両親も頭を下げるという……。その後は一緒に食事して打ち解けてはいったんですが、酔っ払った父親が、離婚していることをポロっとしゃべってしまって。義両親は驚いた様子でしたが、その場は何もなく終了したんです。結果的に、伝えられて良かったとは思っていたのですが、それには続きがあって……」

後日、お腹が大きくならないうちに結婚式を計画していたそうですが、義両親の意向もあり親族だけの式を行ったと言います。

「結婚式はこじんまりしたものを希望はしていましたが、それでも親族を集めてしたいという思いはありました。でも、義両親からは家族だけで挙げたほうがいいと。夫から聞いたのですが、色々と濁されたようで、おそらく子どもがお腹にいることに加えて、片親ということを親戚の前で言いにくいのかなって。考え過ぎかもしれませんが、対面したとき以来両親同士の交流はありません。式はお互いの親、兄妹だけで行ったんですが、前の食事会のような和やかな雰囲気とは少し違っていました」

【夫の家の家訓は、子育ても夫の世話も嫁が行うもの。次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品