同窓会で再会した高校時代のマドンナ

そんな稲垣さんが、3年前から付き合っているというのが、高校時代のマドンナだった初恋の女性だ。同窓会で再会し、関係を深めているという。

「僕の高校は進学校で、彼女は容姿も知性も飛びぬけていたマドンナだった。僕よりいい大学に進学し、東京の企業に勤め、定年退職した。故郷近くのリゾートマンションに住んでいて、週に1回は都内に通うという生活を続けている」

彼女は、団塊の世代の人に多い「結婚という枠組みにとらわれない」というタイプ。10年前に事実婚をしていた男性と死別しているという。

「都内のホテルで行われた同窓会の帰りに、彼女を誘ってワインバーに行った。一緒にいると、時間がグッと巻き戻るというか、“あの頃”と同じ時間が流れるんだよね」

飲んだ後、勢いで、彼女のホテルの部屋に行った。かろうじて終電で帰ったものの、また会いたいという気持ちは募るばかりだったという。

「最初に彼女の姿を見た時……まあそれは、年齢相応なんだけれど、高校時代の自分が恋焦がれていた人が、何もまとわずに自分の前にいることに感動した。その先は……まあいいじゃないの。一緒に寝ているだけで、満たされる年齢ってことだから」

2人が会うのは、年に1~2回だという。

「そのくらいのペースがいいんだよ。楽しさもあるけれど、それに伴いガッカリ感や、罪悪感みたいなものが絶対にあるから。1年とか、半年とか経つと、それらがキレイにリセットされている。老年の恋は、神様がくれた美味しいけれど強い酒みたいなもんだよ。ちょっとずつ飲むことが大事だと思っているんだ」

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品