新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

近江長浜『一湖房』の合鴨鍋セット|身も心も芯から温まる冬の味覚【魅惑のお取り寄せ】

冬季のみ販売される『一湖房』の「合鴨鍋セット」

取材・文/わたなべあや

吐く息が白くなる季節、遠くシベリア大陸から鴨や白鳥などの冬鳥が飛来します。滋賀県長浜市もそのひとつ。琵琶湖のほとりにあるため、昔は魚を獲る網にかかった真鴨が川魚を売る店に並んでいたそうです。

そんな長浜の閑静な住宅街にある『一湖房(いっこぼう)』は、鴨や川魚を調理・販売している店。絹織物の一大生産地でもある長浜で、以前は呉服商をしていましたが、京都のお客様に挨拶に行く時に手土産にしたのが、おばあちゃんが昔から作っていた「小鮎の煮込み」です。それがたいそう評判だったため、後に『一湖房』が誕生しました。

「鴨のロース煮」などさまざまな商品がありますが、今回ご紹介するのは、昨年の冬に発売したところ注文が相次いだという心温まる逸品「合鴨鍋セット」です。

無添加のだしは、まろやかな風味

野趣あふれる中にも淑女のような気品を漂わせる『一湖房』の鴨肉。鴨は世界的に短期間で飼育される傾向にあるのですが、一湖房ではあえてチェリーバレー種の鴨を長期飼育しています。75~80日間かけてじっくり育てられた鴨は、美しいサシが入って、赤身は旨みを増すのです。

地鶏のように噛めば噛むほどに旨みが出る肉とは違い、『一湖房』の鴨肉は、噛んだその瞬間からコクのある肉汁がほとばしり出て、口中に広がります。柔らかで繊細な食感のロース肉に加え、煮込むことでより一層風味が際立つモモ肉のブロック。つくねは親鴨と若い鴨を合わせたミンチで、つなぎの長芋がふんわりした食感を生み出します。

好きな具材を組み合わせられます。

おばあちゃんが家庭で作っていた「小鮎の佃煮」が評判を呼んだのが『一湖房』のはじまり。そのため、すべての商品は、食べる前に家庭でひと手間加えるようになっています。

「合鴨鍋セット」もそのひとつ。三つ葉やセリ、水菜、長ネギのぶつ切りなど好みの野菜をザクザク切ったものを用意します。つくねもお団子になっていないので、スプーンで丸く形作るのですが、多少形が不揃いになっても大丈夫。買ってきたものや取り寄せたものをそのまま食卓に並べるのとは違い、一手間加えることで生まれる温もりがあるのです。それは食べる瞬間だけでなく、台所で野菜をザクザク刻む音が響き、豆腐などを用意するところからはじまります。

体を温めるだけでなく、気持ちにもぽっと暖かな明かりが灯るような料理、それが一湖房の合鴨鍋セットです。

手作り感が温もりを生み出します。

この合鴨鍋セットを美味しく食べるには、ちょっとしたコツがあります。まずセットには、合鴨のガラで取った出しが2袋ついてきます。まずは1袋分を土鍋に入れて、そのあと出しの量に応じて好みで継ぎ足すことができるのです。2袋目が余った時は、別のお鍋を作ったり、鴨なんばんにするのも粋な食べ方です。

出しがふつふつと沸き立ってきたら、モモ肉のブロックとつくね、長ネギなどを加えて煮込みましょう。火が通るにつれて肉や野菜の旨みがじんわりと溶け出し、かぐわしい香りが立ち込めます。

最後に加える鴨のロース肉は、加熱しすぎないのが美味しく食べる秘訣。さっと出しにくぐらせて、薄紅色になったら柔らかな食感を楽しみます。また、鴨鍋セットには国産石臼挽き山椒がついてくるので、それを少し鴨肉につけるのも乙なもの。ピリッとした刺激と爽やかな香気が口中に広がります。

シメの一品は雑炊やうどんにして、旨みをたっぷり吸わせ、鴨鍋を余すところなく味わいましょう。

*  *  *

今回は滋賀県長浜市にある『一湖房」の「合鴨鍋セット」をご紹介しました。

真冬の食卓をいろどる鍋は、芯から冷え切った体を温め、気持ちもゆったりとほぐしてくれます。この「合鴨鍋セット」は、そんなひとときを贅沢に演出してくれる逸品です。

柔らかで旨みあふれる肉とふくよかな香り、そしてそこに加えられる家庭的な“ひと手間”。ぐつぐつ煮える鍋の音と白く立ち上る湯気が、ピンと張り詰めた冬の空気を和らげます。

【商品についてのお問い合わせ】
『一湖房』
住所:滋賀県長浜市三ツ矢元町11-20
電話:0749-65-3978

※「合鴨鍋セット」は、『一湖房』のオンラインショップでのみ販売されています。
http://www.ikkobou.com/

取材・文/わたなべあや

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP