NHKで放送中の連続テレビ小説『ブギウギ』は、「東京ブギウギ」などで知られる歌手で「ブギの女王」と呼ばれた笠置シヅ子さんをモデルにした物語。大阪の小さな銭湯の看板娘から、戦中戦後の混乱を乗り越え、大スターへと駆け上った生き様を描いています。

主人公のスズ子の恋が動き出し、ますます盛り上がりを見せる『ブギウギ』。今回は、『サライ.jp』で紹介した『ブギウギ』の主人公たちのモデルとなった人物たちの来歴をご紹介します。

■1:笠置シヅ子の生涯|『東京ブギウギ』が大ヒットし一世を風靡した“ブギの女王”

『ブギウギ』の主人公、花田鈴子=芸名・福来スズ子(演:趣里)のモデル、笠置シヅ子さんは昭和の大スター。第二次世界大戦後、笠置シヅ子(当時はシズ子)さんが歌った『東京ブギウギ』は、日本全国が熱狂する爆発的なヒットとなり、彼女の力強く大きな声を張り上げて歌い踊るステージは、敗戦後の暗い世相を一変させました。

3年後に発売した『買物ブギー』はレコード45万枚を売り上げ、「ワテホンマニヨーイワンワ」は流行語にもなり、笠置シヅ子さんは「ブギの女王」と呼ばれるようになりました。

連続テレビ小説『ブギウギ』花田鈴子のモデル・笠置シヅ子の生涯|『東京ブギウギ』が大ヒットし一世を風靡した“ブギの女王”【近代史人物伝】

■2:淡谷のり子の生涯|「ブルースの女王」と呼ばれた歌姫

『ブギウギ』で、花田鈴子が憧れる歌手として登場した茨田りつ子(演:菊池凛子)のモデルは淡谷のり子さん。『別れのブルース』『雨のブルース』などを歌いヒットさせた昭和時代の歌手です。昭和12年(1937)の『別れのブルース』と、翌年の『雨のブルース』が大ヒットし、「ブルースの女王」と呼ばれるようになりました。

日中戦争が本格化し洋楽が禁じられるようになると、『別れのブルース』や『雨のブルース』は発売禁止の憂き目に。女性の服装はモンペ着用が奨励され“贅沢は敵だ”という風潮のなか、「歌手の戦闘準備であって贅沢ではない」と言い切って化粧や派手な服装をやめなかったそうです。

連続テレビ小説『ブギウギ』茨田りつ子のモデル・淡谷のり子の生涯|「ブルースの女王」と呼ばれた歌姫【近代史人物伝】

■3:服部良一の生涯|「日本レコード大賞」の創設に尽力した『東京ブギウギ』の作曲家

『ブギウギ』の登場する作曲家、羽鳥善一(演:草彅剛)のモデルは服部良一さんです。淡谷のり子さんの『別れのブルース』や、笠置シズ子さんの『東京ブギウギ』のほか、『青い山脈』など立て続けにヒットを飛ばし、日本のポップス音楽界の草分け的存在です。さらに、日本作曲家協会理事長として、古賀政男さん、平井賢さんとともに優れたクリエーターや歌手を称える「日本レコード大賞」の創設に尽力した人物でもあります。

映画音楽や舞台音楽から校歌なども作曲し、生涯で作編曲した数は優に3000曲を超え、85歳で亡くなりました。没後には、国民栄誉賞が贈られています。

連続テレビ小説『ブギウギ』羽鳥善一のモデル・服部良一の生涯|「日本レコード大賞」の創設に尽力した『東京ブギウギ』の作曲家【近代史人物伝】

* * *

日本の音楽業界に多大な影響を与えた笠置シズ子さん、淡谷のり子さん、服部良一さん。彼らが生きた時代背景や、歴史を知ることで、連続テレビ小説『ブギウギ』をより楽しんでみませんか。

文/編集部

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店