名古屋藩の付家老になる

慶長15年(1610年、一説には慶長18年とも言われる)、守綱は家康の命を受け、付家老(つけがろう。監督や補佐のために幕府から親藩、もしくは大名の本家から分家につかわされた家老職のこと)として、立藩したばかりの名古屋藩の若い徳川義直(尾張徳川家の祖)を補佐することになりました。武州・遠州・江州の知行に加え、三州・尾州にて1万石を下賜、これによって守綱は1万4千石を領すことに。

守綱は寺部村(豊田市寺部町)に陣屋を置きます。このころ、陣屋付近の矢作川は洪水がたびたび発生し、農民たちを苦しめていました。守綱は河原を検分し、農民の生活安定のために築堤工事に着手。280間(約500メートル)に及ぶ堤防を築きました。守綱自身も工事に参加し、堤防のおかげで農民の生活は安定するようになります。人々はこの堤防を「百人堤」と呼び、守綱に感謝しました。

大坂の陣に出陣

渡辺守綱は城主になった後、慶長19年(1614)の「大坂冬の陣」、元和元年(1615)の「大坂夏の陣」に、義直を補佐して従軍。すでに70歳を超える高齢だったにもかかわらず、槍を携えていたとも言われています。

そして、元和2年(1616)に家康が亡くなった4年後の元和6年(1620)、守綱は79歳で死去しました。

大坂夏の陣の様子(『大坂夏の陣図屏風』<右隻>、大阪城天守閣所蔵)

まとめ

槍の名手「槍半蔵」として名を馳せた「渡辺守綱」は、主君を守るためにたった一人で追手と交戦するなど、勇猛さは際立っていました。一方で、洪水に苦しむ農民を救うために、自ら堤防の工事に参加するなど、優しさも兼ねそなえていたのです。現代を生きる私たちが、守綱から学ぶことは多いのかもしれません。

※表記の年代と出来事には、諸説あります。

文/三鷹れい(京都メディアライン)
アニメーション/貝阿彌俊彦(京都メディアライン)
肖像画/もぱ(京都メディアライン)
HP:https://kyotomedialine.com FB

引用・参考図書/
『⽇本⼤百科全書』(⼩学館)
『世界⼤百科事典』(平凡社)

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店