新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

ウォーキングと同じ速さで、約2倍のカロリー消費!|「スロージョギング」のやり方

文/鈴木拓也

ジョギングよりもラクなのに健康効果の高いエクササイズ|『らくらくスロージョギング運動』

医者から、「定期的に体を動かしたほうがいいですね」と、運動不足を指摘された時に、まっさきに思い浮かぶのが「ウォーキング」。
ランニングと違って続けやすいし、それなりに運動効果があるので、シニア層の多くが実践している運動だ。

しかし、ウォーキングと同程度の労力で健康効果が倍増するメソッドがあると知ったら?当然、そちらの方を実践したくなるはず。

今回は、そのメソッド「スロージョギング運動」の基本的な部分を紹介しよう。

■生活習慣病や脳機能の改善にも効果あり

この運動を解説した新書『らくらくスロージョギング運動』(讃井里佳子著/講談社)によれば、ウォーキングと同じ速さできつくないのに、約2倍のカロリー消費量がある有酸素運動だという。それだけにとどまらず、「健康5大効果」として、体力アップ、減量、生活習慣病改善、脳機能改善、がん予防が挙げられている。

巻末には、習慣化した人たちの体験談が記されているが、100kgの体重から30kgの減量を果たした人、胃の全摘出後にマラソン大会に出るまでに回復した人など、驚きの報告がある。また、上皇ご夫妻も御所の庭で毎朝スロージョギングをしているそうで、健康効果は折り紙つき。

■スロージョギングのやり方

スロージョギングという名称のとおり、ジョギングをスローペースで行うが、速度は時速4~5kmと歩行速度よりちょっと早いくらいが基本。本書には、5つのポイントが列挙されている。

1. フォアフット(足の指の付け根の部分)で着地
2. 歩幅は小さく約20~40cm。1分間180歩の足踏みテンポ
3. 笑顔でおしゃべりできるニコニコペース
4. 腕は自然に振る
5. 顎は自然に上げて、目線を遠くに背筋を伸ばす

注意したいのは、あくまでもジョギングであって、ウォーキングではないこと。つまり、両足が地面から離れる瞬間があり(ウォーキングは常に片足が着地状態)、着地の際に太ももなどの筋肉が使われて、鍛錬の効果が生じる。

また、ジョギングシューズは、かかとの部分が分厚くなっているものでなく、平らになっているものを使う。

頻度は、最初のうちは1日1~10分程度。慣れてきたら時間を長くし、1日1時間を目標とする。

1人では続ける自信がないという方は、各地にスロージョギングのクラブや教室があるので、それに参加するという手もある。

■悪天候の日は室内でも行える

スロージョギングは「毎日続ける」のがベスト。しかし、暑い日や雨・雪のような悪天候の日は無理せず、室内で代替エクササイズとなる「ステップ運動」を行う。

これは、10~20cmの高さの台を昇り降りするというシンプルなもので、スロージョギング並みの効果が期待できる。

まず、リハビリやフィットネス用のステップ台を入手。床に置いて、「右足から上がったら右足から降り、次は左足から上がり左足から降りる」を交互に繰り返す。昇り降りのテンポは、4秒に1回。10~30分かけ、テレビを見ながらやってもOK。

別の方法として「スロージョギング&ターン」というものがある。これは、部屋の中で1.3~2.6mの長さの場所を確保。そこで八の字を描くようにスロージョギングを行う。緩やかな曲線上を6歩、八の字の頂点付近を3歩でターンするが、直線上を走るよりカロリー消費が高いという利点がある。

*  *  *

本格的なジョギングのようなしんどさは伴わず、大きな健康効果が得られるスロージョギングは、ちょっと運動不足気味のシニア層に、まさにピッタリのエクササイズだろう。まずは1日1分から始めてみては?

【今日の健康に良い1冊】
『らくらくスロージョギング運動』

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000319707

(讃井里佳子著、本体880円+税、講談社)

『らくらくスロージョギング運動』
文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP