新着記事

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

医師のセルフケア調査|健康のために注意しているのは「塩分・糖分・脂肪分」の摂りすぎ

医師のセルフケア|一般生活者より「塩・糖・脂」の摂りすぎに注意している

体のことを知り尽くし、医療のプロである医師も、私たちと同じ人間。年齢と共に体も老いていくし、不調も出てくるはず。では、医学的知識を持つ医師たちが、自身の健康のために気を付けていることとは? ヘルスケア領域のマーケティングリサーチに精通するアンテリオが、一般生活者と医師に行なったセルフケアに関する調査の結果を公表した。早速、詳しくみてみよう。

健康のために日常的に行っていることは?

一般生活者と医師に、自身の健康のために過去1年間に日常的に行っていることとして、以下の4つの項目について聞いた。結果は、特に両者の傾向に大差はなし。日頃から気を付けていることは、一般生活者と医者では同じようだ。
健康のために日常的に行っていることは?

医師が気を付けているのは「塩分・糖分・脂肪分の摂りすぎ」

しかし、健康に関する行動や考え方の傾向には違いがみてとれる。以下の4項目について確認したところ、「塩分・糖分・脂肪分などの摂りすぎに気を付けている」は、一般生活者は52%なのに対し、医師は65%と10ポイント以上高い結果に。

また、「生薬や漢方など天然成分由来のものを好む」について、「あてはまらない・あまりあてはまらない」の割合の合計は、一般生活者が33%、医師は57%と、ここにも差が出ている。医師の方が天然由来成分についてネガティブな考え方を持つ傾向があるようだ。
医師が気を付けているのは

生活習慣病の症状が出たら? 医師の半数は、医療機関の受診や医療用医薬品で対処

さらに医師に、気になる自分の症状とその対策方法について聞いている。

生活習慣病に関わる症状のうち、「肥満・太り気味」については、食生活の改善(55%)や運動(38%)などといった自分でできる対策をしている割合が多い結果となった。一方で、「コレステロールが高め」「高血圧・血圧が高め」といった症状が出たら、約半数の医師が医療機関を受診するか医療用医薬品で対処していた。
生活習慣病の症状が出たら?

体の不調を感じた際、すぐに病院を受診する方もいるだろう。しかし、中には病院に行くのをためらって、市販薬に頼ったり、違和感を覚えながらも後回しにしてしまう方もいるのでは? 今回の調査では、医師ほど不調を感じたら、すぐ専門機関の力を利用していることが明らかになった。医師が実践しているセルフケアを参考に、まずは「塩分・糖分・脂肪分」の採りすぎに注意しよう!

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP