新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

医師のセルフケア調査|健康のために注意しているのは「塩分・糖分・脂肪分」の摂りすぎ

医師のセルフケア|一般生活者より「塩・糖・脂」の摂りすぎに注意している

体のことを知り尽くし、医療のプロである医師も、私たちと同じ人間。年齢と共に体も老いていくし、不調も出てくるはず。では、医学的知識を持つ医師たちが、自身の健康のために気を付けていることとは? ヘルスケア領域のマーケティングリサーチに精通するアンテリオが、一般生活者と医師に行なったセルフケアに関する調査の結果を公表した。早速、詳しくみてみよう。

健康のために日常的に行っていることは?

一般生活者と医師に、自身の健康のために過去1年間に日常的に行っていることとして、以下の4つの項目について聞いた。結果は、特に両者の傾向に大差はなし。日頃から気を付けていることは、一般生活者と医者では同じようだ。
健康のために日常的に行っていることは?

医師が気を付けているのは「塩分・糖分・脂肪分の摂りすぎ」

しかし、健康に関する行動や考え方の傾向には違いがみてとれる。以下の4項目について確認したところ、「塩分・糖分・脂肪分などの摂りすぎに気を付けている」は、一般生活者は52%なのに対し、医師は65%と10ポイント以上高い結果に。

また、「生薬や漢方など天然成分由来のものを好む」について、「あてはまらない・あまりあてはまらない」の割合の合計は、一般生活者が33%、医師は57%と、ここにも差が出ている。医師の方が天然由来成分についてネガティブな考え方を持つ傾向があるようだ。
医師が気を付けているのは

生活習慣病の症状が出たら? 医師の半数は、医療機関の受診や医療用医薬品で対処

さらに医師に、気になる自分の症状とその対策方法について聞いている。

生活習慣病に関わる症状のうち、「肥満・太り気味」については、食生活の改善(55%)や運動(38%)などといった自分でできる対策をしている割合が多い結果となった。一方で、「コレステロールが高め」「高血圧・血圧が高め」といった症状が出たら、約半数の医師が医療機関を受診するか医療用医薬品で対処していた。
生活習慣病の症状が出たら?

体の不調を感じた際、すぐに病院を受診する方もいるだろう。しかし、中には病院に行くのをためらって、市販薬に頼ったり、違和感を覚えながらも後回しにしてしまう方もいるのでは? 今回の調査では、医師ほど不調を感じたら、すぐ専門機関の力を利用していることが明らかになった。医師が実践しているセルフケアを参考に、まずは「塩分・糖分・脂肪分」の採りすぎに注意しよう!

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP