新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

北原佐和子さん/女優・介護福祉士(50歳)【達人たちの「ワタシの、センタク。」第10回】

「40代で選んだ女優と介護の二足の草鞋」

アイドル歌手時代に見た天国と地獄。自分探しの30代を経て、今は女優と介護福祉士の仕事を両立させながら、人間・北原佐和子を真摯に見つめる。

01_D6B8980

北原佐和子(きたはら・さわこ)昭和39年、埼玉県生まれ。高校在学中に芸能界入り。アイドル歌手として活躍後、女優に転身。平成19年、ホームヘルパー2級の資格を得て、介護の仕事を始める。同26年、介護福祉士の資格を取得。昨年、『女優が実践した介護が変わる魔法の声かけ』を上梓。

 

平成26年3月、女優の北原佐和子さんは介護福祉士の試験に合格した。念願の国家資格の取得だ。芸能界という華やかな世界に身を置きながら、何が北原さんを介護の仕事に向かわせたのか。

「女優という仕事は不規則で、2~3か月もスケジュールが空くことがある。そんな時、世の中から取り残されたようで、心のバランスを崩しそうになりました」

乗馬や陶芸などの趣味に打ち込んでも、心は満たされない。自分が必要とされる仕事が他にもあるのではないかと考えた時、思い出したのが20代の頃に出会った障がいのある人たちとの関わりだった。

友人を介して手にした障がい者が焼いた器。毎日それらを使いながら、何と温かい気持ちになったことか。その友人にはダウン症の子供がいた。その子の純真無垢な姿に、生きている限り人間って素晴らしいと思い至ったこともある。

自分探しの30代を経て、43歳でホームヘルパー2級の資格を取得。介護福祉士となった今は、午前中は介護現場、午後からは女優の仕事と切り替え、本格的に二足の草鞋を履く生活を続けている。

芸能界に入ったのは、16歳の時。〝ミス・ヤングジャンプ”に選ばれ、昭和57年(1982)には歌手デビュー。いわゆる〝花の82年デビュー組”のひとりで、同期には小泉今日子や早見優らがいた。

「大人たちに褒められ、それが喜びや自信にもなったけれど、歌や踊りの基礎を勉強したわけではない。人気に翳りが見え始めると、皆、背を向けていった。中身が伴っていないことを思い知りました」

10代で見た天国と地獄。徐々に軸足を女優の世界へと移す。現在は女優やレポーター、また介護をテーマにした講演、朗読会などで全国を回る。女優、介護士、講演、朗読。この4つすべてが必要なもの。虚と実の間を行き来しながら、ようやく人間・北原佐和子という存在が見えてきたという。

02_P1020430

北原さんが働く介護施設は要介護2、3の利用者が中心。コミュニケーションの基本は声かけで、感情豊かに表現することを心がけている。

 

 

 

03_P1020349

最近、介護をテーマとした講演依頼も多い。7年の現場経験から介護の実際を分かりやすく説く。昨年、介護福祉士の国家試験に合格。大きな自信と励みになった。

40代で介護現場で働き始めた女優の北原佐和子さん。その動機や女優との両立など、こちらでご紹介しきれていない興味深い話は「ワタシの、センタク。」のウェブサイトで公開中です。

ワタシの、センタク。
http://towa-sentaku.jp/anohito/sarai/

提供/東和薬品

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP