新着記事

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

味噌汁専門店の味噌汁レシピ5選|『味噌汁専門店のおかず味噌汁100』

文/鈴木拓也

「パクチーとさつま揚げの味噌汁」

「パクチーとさつま揚げの味噌汁」

鎌倉時代に武士階級の食事に取り入れられ、江戸時代には庶民の味となった「味噌汁」。現代でも、多くの日本人に親しまれる定番食であることは、説明を要さないだろう。

ただ、「おふくろの味」であるだけに、どうしても家庭ごとに数種類のレパートリーが決まっていて、そればかり食べてしまいがち。

だが、味噌汁の世界ははるかに広大。伝統的な各地の「ご当地味噌汁」だけでも相当数にのぼるし、最近は創作系も多い。

「トマトやアボカドなど西洋野菜でも意外と味噌はなじみます」と言うのは、丸の内のビル内に店を構える味噌汁専門店の「美噌元」だ。この店では、各地から取り寄せた様々な素材を用い、バリエーション豊かな味噌汁を提供している。

同店は、昨年11月に刊行されたレシピ集『味噌汁専門店のおかず味噌汁100』(世界文化社)の監修も務めており、本書に掲載されている100種類の味噌汁は、簡単に作れて味わい深いものばかり。

今回は、本書の中から5品目のレシピを紹介したい。

■「サンラータン味噌汁」

「サンラータン味噌汁」

【材料(2人分)】

鶏ひき肉:100g
卵:2個
トマト(8等分に切る):1個(150g)
えのき(石づきを取り、小分けにする):1/2袋(50g)
酢:大さじ2
ごま油:大さじ2
黒こしょう:少々
だし:400ml(※だしの作り方については、本記事の終わりあたりを参照。)
「まろやか味噌」(信州味噌と白味噌を4:1で合わせたもの):大さじ2

【作り方】

1. 炒める
鍋にごま油をひき、トマト、ひき肉、卵を中火で炒める。
2. 味噌を溶く
だしを入れて温め、味噌を溶き、えのきと酢を入れてひと煮立ちさせる。器によそい、黒こしょうをふる。

■「大根おろしとお餅の味噌汁」

「大根おろしとお餅の味噌汁」

【材料(2人分)】

大根(おろす):5cm
餅(半分に切る):2個
だし:400ml
信州みそ:大さじ2

【作り方】

1. 煮る
鍋にだしを入れて温め、餅を入れ、中火で餅が柔らかくなるまで煮る。
2. 味噌を溶く
餅に火が通ったら、味噌を溶き、大根おろしを入れる。ひと煮立ちさせたら、器によそう。

■「ほうとう風味噌汁」

「ほうとう風味噌汁」

【材料(2人分)】

かぼちゃ(乱切り):80g
豚切り落とし肉(食べやすい大きさに切る):150g
しめじ(石づきを取り、ほぐす):1/2パック(50g)
小松菜(5cm長さ):1/2束
ほうとう(表示されている時間通りにゆでる):2玉
だし:800ml
「ゆったり味噌」(信州味噌と麦味噌を2:1で合わせたもの):大きさ4

【作り方】

1. 煮る
鍋にだしを入れて温め、かぼちゃ、豚肉を入れ、中火でかぼちゃが柔らかくなるまで煮る。
2. 味噌を溶く
しめじと小松菜を加え、2分煮る。ほうとうを入れ、味噌を溶き、器によそう。

■「鯖と大根の船場汁」

「鯖と大根の船場汁」

【材料(2人分)】

鯖切り身(たっぷりと塩をふり、食べやすくそぎ切りし、10分ほどおいて熱湯をさっとかける):2切れ
大根(いちょう切り):4cm
青ネギ(3cm長さ):2本
昆布:5cm角1枚
ショウガ(すりおろす):少々
酒:大さじ2
だし:400ml
「すっきり味噌」(信州味噌と八丁味噌を2:1で合わせたもの):大さじ2

【作り方】

1. 煮る
鍋にだし、鯖、大根、昆布、酒を入れて、中火にかける。煮立つ寸前に火を弱めて、昆布を取り出し、アクを取る。
2. 味噌を溶く
大根に火が通ったら、味噌を溶き、青ネギ、ショウガを加え、ひと煮立ちさせたら、器によそう。

■「パクチーとさつま揚げの味噌汁」

「パクチーとさつま揚げの味噌汁」

【材料(2人分)】

パクチー(ざく切り):1/2袋
さつま揚げ(4等分に切る):2個
ナンプラー:小さじ1
だし:400ml
「万能味噌」:大さじ2
※「万能味噌」は、信州味噌100g、おろししょうが1片分、おろしにんにく1片分、ごま油少々を混ぜて合わせ味噌にしたもの。密閉容器に入れ冷蔵庫で2週間保存できる。

【作り方】

1. 煮る
鍋にだしを入れて温め、さつま揚げを入れ、中火でさっと煮る。
2. 味噌を溶く
味噌を溶かし、パクチーを入れひと煮立ちさせたら、器によそう。仕上げにナンプラーをかける。

■だしの作り方

『味噌汁専門店のおかず味噌汁100』では、「昆布+かつお節」と「昆布+いりこ」の2種類のだしの作り方が掲載されている。ここでは、「昆布+かつお節」の作り方を紹介。

【材料】

水:5カップ
昆布:10cm角1枚分
かつお節:ひとつかみ

【作り方】

1. 鍋に水を入れ、昆布を浸す。できれば一晩、時間がないときは30分~1時間でもOK。弱火にかけて、ふつふつと泡が出てきたら、昆布を取り出す。
2. 強火にして、沸騰したらかつお節を入れて、再び沸騰したら火を止める。アクは取り除く。
3. ざるにペーパータオルを敷いて、だしをこす。冷蔵庫で2日程度保存可能。

*  *  *

まずは、上で紹介したものを作ってみて、気に入るようであれば、本書の他のレシピにも挑戦。毎度おなじみの家庭の味に、新たなレパートリーを加えてみよう。

【今日のおいしい1冊】
『味噌汁専門店のおかず味噌汁100』

https://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/18331.html

(美噌元監修、本体1,300円+税、世界文化社)

『味噌汁専門店のおかず味噌汁100』
文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP