新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

時代を超えた伝説の写真家、創作の秘密【ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター】

取材・文/池田充枝

ソール・ライター《帽子》1960年頃、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター《帽子》1960年頃、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

1950年代に華々しく活躍しながら、1980年代に表舞台から姿を消した後、再び脚光をあびることになった伝説の写真家、ソール・ライター。
彼が残した膨大な宝の山から掘り起こした珠玉の作品展が開かれています。(3月8日まで)
本展では、これまでほとんど紹介されることのなかった2000年代にデジタルカメラで撮影されたカラー写真はじめ、アーカイブの中から豊富な作品資料を公開するとともに、デジタル技術を駆使することによって、ソール・ライターの創作の秘密に迫ります。

ソール・ライター《無題》撮影年不詳、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター《無題》撮影年不詳、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

本展の見どころをBunkamuraザ・ミュージアムの上席学芸員、宮澤政男さんにうかがいました。

「2017年、日本初の回顧展がBunkamuraザ・ミュージアムで開催され、大きな話題を呼んだ写真家、ソール・ライター(Saul Leiter 1923-2013)。

彼は1950年代からニューヨークで第一線のファッション写真家として活躍し、1980年代に商業写真から退き、世間から突如姿を消しました。
彼が再び脚光を浴びることになったのは、2006年に出版された『Early Color(アーリー・カラー)』です。この写真集は大きなセンセーションとなり、その後、世界各地で展覧会開催や出版が相次ぐようになりました。

ソール・ライター《薄紅色の傘》1950年、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター《薄紅色の傘》1950年、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

約8万点のカラー写真をはじめとする作品の大半を整理することなく世を去った写真家の「発掘作業」は、ニューヨークの彼のアパートで今なお続けられています。

一人の写真家のアーカイブ構築作業に接して感じたのは、その作品群が時代を超えて読み直され、語り継がれていくに違いないという確信でした。本展のタイトル「永遠のソール・ライター」は、このような確信から名づけられました。

ソール・ライター 《ニューヨーク》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター 《ニューヨーク》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント (C)Saul Leiter Foundation

日本では第2回目の個展となる本展は、ソール・ライター財団の全面的協力を得て、約200点の写真作品と多数の資料により、近年発見された未発表を含む作品群を紹介するとともに、セルフ・ポートレート、二人の最愛の女性のポートレートを通してその作家像を掘り下げます。当時、彼はカラー写真をスライド投影で楽しんでいましたが、本会場には最新のデジタル技術による映像体験も盛り込まれています」

ソール・ライター《ソームズ・バントリー》1950年代、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター《ソームズ・バントリー》1950年代、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

時代を超えた永遠の写真家に会いに、ぜひ会場に足をお運びください。

ソール・ライター 《セルフ・ポートレート》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター 《セルフ・ポートレート》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント (C)Saul Leiter Foundation

【開催要項】
ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター
会期:2020年1月9日(木)~3月8日(日)
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1B1F
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_saul leiter/
開館時間:10時から18時まで、金・土曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:1月21日(火)、2月18日(火)
巡回:4月11日~5月10日美術館「えき」KYOTO

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP