新着記事

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

時代を超えた伝説の写真家、創作の秘密【ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター】

取材・文/池田充枝

ソール・ライター《帽子》1960年頃、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター《帽子》1960年頃、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

1950年代に華々しく活躍しながら、1980年代に表舞台から姿を消した後、再び脚光をあびることになった伝説の写真家、ソール・ライター。
彼が残した膨大な宝の山から掘り起こした珠玉の作品展が開かれています。(3月8日まで)
本展では、これまでほとんど紹介されることのなかった2000年代にデジタルカメラで撮影されたカラー写真はじめ、アーカイブの中から豊富な作品資料を公開するとともに、デジタル技術を駆使することによって、ソール・ライターの創作の秘密に迫ります。

ソール・ライター《無題》撮影年不詳、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター《無題》撮影年不詳、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

本展の見どころをBunkamuraザ・ミュージアムの上席学芸員、宮澤政男さんにうかがいました。

「2017年、日本初の回顧展がBunkamuraザ・ミュージアムで開催され、大きな話題を呼んだ写真家、ソール・ライター(Saul Leiter 1923-2013)。

彼は1950年代からニューヨークで第一線のファッション写真家として活躍し、1980年代に商業写真から退き、世間から突如姿を消しました。
彼が再び脚光を浴びることになったのは、2006年に出版された『Early Color(アーリー・カラー)』です。この写真集は大きなセンセーションとなり、その後、世界各地で展覧会開催や出版が相次ぐようになりました。

ソール・ライター《薄紅色の傘》1950年、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター《薄紅色の傘》1950年、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

約8万点のカラー写真をはじめとする作品の大半を整理することなく世を去った写真家の「発掘作業」は、ニューヨークの彼のアパートで今なお続けられています。

一人の写真家のアーカイブ構築作業に接して感じたのは、その作品群が時代を超えて読み直され、語り継がれていくに違いないという確信でした。本展のタイトル「永遠のソール・ライター」は、このような確信から名づけられました。

ソール・ライター 《ニューヨーク》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター 《ニューヨーク》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント (C)Saul Leiter Foundation

日本では第2回目の個展となる本展は、ソール・ライター財団の全面的協力を得て、約200点の写真作品と多数の資料により、近年発見された未発表を含む作品群を紹介するとともに、セルフ・ポートレート、二人の最愛の女性のポートレートを通してその作家像を掘り下げます。当時、彼はカラー写真をスライド投影で楽しんでいましたが、本会場には最新のデジタル技術による映像体験も盛り込まれています」

ソール・ライター《ソームズ・バントリー》1950年代、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター《ソームズ・バントリー》1950年代、発色現像方式印画 (C)Saul Leiter Foundation

時代を超えた永遠の写真家に会いに、ぜひ会場に足をお運びください。

ソール・ライター 《セルフ・ポートレート》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント (C)Saul Leiter Foundation

ソール・ライター 《セルフ・ポートレート》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント (C)Saul Leiter Foundation

【開催要項】
ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター
会期:2020年1月9日(木)~3月8日(日)
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1B1F
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_saul leiter/
開館時間:10時から18時まで、金・土曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:1月21日(火)、2月18日(火)
巡回:4月11日~5月10日美術館「えき」KYOTO

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP