新着記事

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

1970年代以降のカルティエの現代作品が集合【カルティエ、時の結晶】

取材・文/池田充枝

《リング》カルティエ、2013年 個人蔵 Yuji Ono (C) Nikkei_Cartier 2019

《リング》カルティエ、2013年 個人蔵 Yuji Ono (C) Nikkei_Cartier 2019

1847年にルイ=フランソワ・カルティエがパリで宝飾店を創業し、20世紀初頭に3人の孫たちに引き継がれると、ユニークで明確な創作のヴィジョンによって、現代宝飾の基盤が築かれました。

カルティエの作品は、単なる装飾品の枠組みを超え、たぐいまれな芸術の域へと高められ、世界各国の主要美術館などにおいてそのコレクションが展示紹介されていることで、数あるメゾンのなかでも特筆される存在です。

常に時代の声に耳を傾け感知するセンス、開かれた精神と究極の美を追求する姿勢、それはカルティエの創造的なヴィジョンであり、過去、現在、未来のどの断面を切り取ってみても必ず現れる、時を超えて脈々と流れる普遍的なカルティエの本質です。

《大型の「ポルティコ」ミステリークロック》カルティエ パリ、1923年 カルティエ コレクション Marian Gérard, Cartier Collection (C) Cartier

《大型の「ポルティコ」ミステリークロック》カルティエ パリ、1923年 カルティエ コレクション Marian Gérard, Cartier Collection (C) Cartier

日本で過去三度開かれて好評を博したカルティエの展覧会が開かれています。(12月16日まで)

本展は、世界でも初めての試みとして、特に1970年代以降の現代作品に焦点を当てています。会場構成を手がけるのは新素材研究所/杉本博司+榊田倫之。伝統的な職人の技術と最新技術を融合させる彼らの展示空間が、カルティエの革新性、現代性、独自性を映し出します。

本展の見どころを、国立新美術館の主任研究員、本橋弥生さんにうかがいました。

「これまで世界の名立たる美術館でカルティエ展が開催されてきましたが、『時間』というテーマを掲げ、初期から現代までの作品を概観する展覧会は世界でも初めての試みです。さらに、『デザイン』としてとらえられたカルティエのハイジュエリーが、新素材研究所の会場構成によって、展示空間そのものがアートとして展示されている点においても、本カルティエ展は全く新しい試みであると言えます。

本展は、大きく3つの視点からカルティエ作品をとらえています。

第1章は色と素材のトランスフォーメーション。素材づかいや色彩の観点からカルティエの独自性を紹介しています。

《ネックレス》カルティエ、2018年 個人蔵 Vincent Wulveryck (C) Cartier

《ネックレス》カルティエ、2018年 個人蔵 Vincent Wulveryck (C) Cartier

第2章はフォルムとデザイン。ラインや構造といった本質的なフォルムに宿るカルティエの視覚的な先駆性には目を見張るものがあります。

第3章はユニヴァーサルな好奇心。20世紀初頭にメゾンを率いた3代目ルイ・カルティエは世界を俯瞰しながら、自然から文化まで幅広い好奇心を持っていました。それは今日でもカルティエのDNAとして脈々と受け継がれています。

その他、カルティエの野性的、官能的でタイムレスなアイコンである『パンテール』(豹)の過去から現在までをフューチャーしたコーナーや、カルティエのインスピレーションとなった資料、そしてデザイン画も展示しています。

《ブレスレット》カルティエ、2014年 個人蔵 Vincent Wulveryck (C) Cartier

《ブレスレット》カルティエ、2014年 個人蔵 Vincent Wulveryck (C) Cartier

宇宙が長い年月をかけて生み出した奇跡的な物質である宝石を、カルティエが卓越した技術でいかにして芸術にかえてきたのか。またその創作世界を、新素材研究所が『時間』と『素材』を軸にどのように表現しているのか――両者が創り出す本展は奇跡としか言いようがありません」

新素材研究所による全く新しい展示空間のなかで輝きを増すカルティエ作品、ぜひ間近でご鑑賞ください。

《ブレスレット》カルティエ、2017年 個人蔵 Vincent Wulveryck (C) Cartier

《ブレスレット》カルティエ、2017年 個人蔵 Vincent Wulveryck (C) Cartier

【開催要項】
カルティエ、時の結晶
会期:2019年10月2日(水)~12月16日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
展覧会HP:https://Cartier2019.exhn.jp
開館時間:10時から18時まで、毎週金・土曜日は20時まで(入場は閉場30分前まで)
休館日:毎週火曜日(ただし10月22日は開館)、10月23日

《「2本のフェーン(シダ)の葉」ブローチ》カルティエ パリ、1903年 カルティエ コレクション Nils Herrmann, Cartier Collection (C) Cartier

《「2本のフェーン(シダ)の葉」ブローチ》カルティエ パリ、1903年 カルティエ コレクション Nils Herrmann, Cartier Collection (C) Cartier

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP