新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

日本画の発展を導いた巨匠の作品を一堂に【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 大観・春草・玉堂・龍子―日本画のパイオニア―】

取材・文/池田充枝

横山大観《富士山》1933(昭和8)年 絹本・墨画淡彩 山種美術館蔵

横山大観《富士山》1933(昭和8)年 絹本・墨画淡彩 山種美術館蔵

近代日本画を代表する横山大観(1868-1958)・菱田春草(1874-1911)・川合玉堂(1873-1957)・川端龍子(1885-1966)は、いずれも伝統をふまえながら新しい時代に即した絵画を模索し、日本画の発展を導きました。

菱田春草《釣帰》1901(明治34)年 絹本・彩色 山種美術館蔵

菱田春草《釣帰》1901(明治34)年 絹本・彩色 山種美術館蔵

一方で、彼らの主な活動の場は異なっています。大観と春草は日本美術院で、玉堂は官展を中心に、龍子は自ら主宰する青龍社において、さまざまな技法や表現を試み、革新的な日本画を生み出しました。

川合玉堂《山雨一過》1943(昭和18)年 絹本・彩色 山種美術館蔵

川合玉堂《山雨一過》1943(昭和18)年 絹本・彩色 山種美術館蔵

大観・春草・玉堂・龍子の作品が一堂に会する展覧会が開かれています。(10月27日まで)

本展では、南画とやまと絵を融合させた大観《作右衛門の家》、光や空気の抽出に挑んだ「朦朧体」の春草《釣帰》、田園の情景をいきいきと描いた玉堂《早乙女》、第1回青龍展に出品された龍子《鳴門》など代表的な作品が紹介されます。

本展の見どころを、山種美術館の館長、山﨑妙子さんにうかがいました。

「1966年、東京・日本橋兜町に開館した山種美術館は、2009年に渋谷区広尾に移転以来、本年で10年目となります。その記念すべき年に開催する本展では、当館が所蔵する横山大観・菱田春草・川合玉堂・川端龍子の代表的な作品を一挙公開いたします。

横山大観《作右衛門の家》1916(大正5)年 絹本裏箔・彩色 山種美術館蔵

横山大観《作右衛門の家》1916(大正5)年 絹本裏箔・彩色 山種美術館蔵

展覧会では、琳派からの影響がみられる春草《月四題》、大観が初めて手がけた水墨画巻《楚水の巻》など、新たな日本画の創造を目指す画家たちが挑んだ、多彩な表現をお楽しみいただきます。4人の画家の作品を通して、近代における日本画の発展の軌跡をご覧いただければ幸いです。是非この機会に、日本画壇を牽引した画家、大観・春草・玉堂・龍子の作品をご堪能ください。

川端龍子《鳴門》1929(昭和4)年 絹本・彩色 山種美術館蔵

川端龍子《鳴門》1929(昭和4)年 絹本・彩色 山種美術館蔵

さらに、晩年の大観・玉堂・龍子の3人による松竹梅展(1955-57年、画廊・兼素洞で開催)にも注目します。松竹梅展は、私の祖父である、当館創立者・山﨑種二(1893-1983)の希望により企画された展覧会です。種二は彼らと交流を重ねながら作品を蒐集していました。本展では、当館所蔵の松竹梅展の作品全点を展示し、彼らの交流の様子にも注目します」

日本画の革新に尽力した巨匠たちの作品に心うたれます。ぜひ会場に足をお運びください。

川合玉堂《早乙女》1945(昭和20)年 絹本・彩色 山種美術館蔵

川合玉堂《早乙女》1945(昭和20)年 絹本・彩色 山種美術館蔵

 

【開催要項】
山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 大観・春草・玉堂・龍子―日本画のパイオニア―
会期:2019年8月31日(土)~10月27日(日)
会場:山種美術館
住所:東京都渋谷区広尾3-12-36
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://www.yamatane-museum.jp/
開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(ただし9月16日、23日、10月14日は開館)、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP