サライ.jp

紳士の牛革トートバッグ

明治7(1874)年に創業し、古くから銀座の目抜き通りに店舗を構える老舗鞄店「銀座タニザワ」。その創業者である谷澤禎三氏は「鞄」の文字を考案した人物として有名だ。当時、鞄に対する呼称のひとつだった「革包」の文字を横に並べて一文字「鞄」とし、「かばん」と読ませることを思いつき、店頭の看板にその文字を掲げていた。それが店の前を偶然通りかかられた明治天皇の目に留まり、全国に広まっていったという。

それから今日に至るまで同社は鞄作りに情熱を注ぎ続け、本革の高級鞄や総手縫いのダレスバッグなどを手がけてきた。受け継がれる確かな腕と品質で「いつかタニザワの鞄を持ちたい」と憧れるファンも多い。今回紹介するのは、そんな伝統ある同社と『サライ』のコラボレーションによって生まれた、高品質のトートバッグである。

「ナイロンに牛革を合わせることで、軽量でありながら上品で存在感のある仕上がりを実現しました。本体の両面はナイロンで覆い、ハンドルやサイドは品のある牛革を採用。裏地は表地と違う色味のナイロンを用い、開閉部にはファスナーをつけるなど、細部にまでこだわっています」と、同社の長澤 伸氏。その優れた機能性と清潔感は、毎日のお出かけの相棒にふさわしい。

紳士の牛革トートバッグ

ハンドルの高さが調節できるため、自身に合った長さでゆったり持ち歩ける。

【今日の逸品】
紳士の牛革トートバッグ

『サライ』×銀座タニザワ
26,460円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア