新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

八瀬比叡山口駅(叡山電鉄本線)鉄骨屋根のレトロな終着駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第5回】

DSCF0442_s

鴨川に近い叡山電鉄の始発駅、出町柳駅を出た1両のワンマン電車は宝ヶ池駅から鞍馬線と分かれて進路を東向きに変える。すると目前に比叡山が現れる。電車はそこに向かって、緩やかな勾配を登っていく。

終着駅の八瀬比叡山口駅は、まさに平地が尽きて、そこからは急斜面の山腹が始まるところにある。

DSCF8917_s

電車は細い鉄骨で組まれた古い大屋根の中に停車する。屋根は1番・2番線に降車用の3本のホームを覆っているが、奥行きは車両1両の半分しかなく、電車が半分外に出てしまうほどのサイズだ。

駅舎はその脇に玄関を構えている。ターミナルでありながらコンパクト、この駅をそのまま鉄道のジオラマにしたくなるような風景だ。

DSCF8906_s

駅ができたのは、今から91年前の大正14年(1925)。当時は京都電燈という琵琶湖疏水を使った日本初の水力発電会社の鉄道事業として開業した。その頃の発電会社は、電車を走らせることで電力の需要を自ら作り出していたのだ。

またこの叡山線は比叡山に登る叡山ケーブル(京福電気鉄道鋼索線)と同時に開業しており、昭和3年(1928)には比叡山山頂へ直結する叡山ロープウェイも開通している。すでに昭和初期には標高800mを超す比叡山山頂まで普段着で行ける観光ルートが完成していたのだ。

八瀬比叡山口はまさに比叡山観光の玄関口として開業し、戦時中は大屋根の駅舎は軍需工場に接収され、電車は仮ホームに発着していたという歴史も伝わっている。また戦後の昭和39年(1964)には駅の近くに家族向けの八瀬遊園地も開園し、駅名も「八瀬遊園」に改称された。

2000年ごろの八瀬遊園駅。

2000年ごろの八瀬遊園駅。

昭和58年(1983)には遊園地も閉園したが、駅名は残り、平成14年(2002)になって現在の「八瀬比叡山口」駅となった。

昨年の90周年を記念して、駅舎の玄関に掲げられた駅名看板も開業時の「八瀬驛」に変えられ、全体に化粧直しされたが軒下の木製の飾り板や、おびただしいリベットが打ち込まれた鉄骨は健在。この駅舎をバックに撮影する観光客も多い。

DSCF0398_sDSCF0406_s
DSCF0371_s

駅前の道も狭く、やってくるクルマも四苦八苦してUターンしていく。駅舎のすぐ前には大原から流れる八瀬川の清流になっていて、今回訪ねた時は河原のバーベキューで駅構内が煙たくなっていた。週末など多客時に配置される駅員によると「本当は禁止なんですけど」と苦笑する。

それでも11月になると駅前から比叡ケーブル駅までの小道が紅葉に彩られ、あちこちに茶店も開店する。そんな八瀬比叡山口駅を中心に、クルマ社会になる前の、よき時代の観光地が残っていた。

DSCF0420_s

【叡山電鉄本線 八瀬比叡山口駅】
■ ホーム3面2線の頭端駅
■所在地:京都府京都市左京区八瀬野瀬町113
■開業年月日:1925年(大正14)9月27日
■アクセス:叡山電鉄出町柳駅から14分

写真・文/杉﨑行恭
乗り物ジャンルのフォトライターとして時刻表や旅行雑誌を中心に活動。『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. タウシュベツ川橋梁(撮影/岩崎量示) じわじわ人気!鉄道ファンでなくても楽しめる「廃線めぐり」の旅
  2. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  3. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転 マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】
  4. グライヒェンベルグ鉄道 二度の大戦と冷戦を見守った、国境近くのローカル線「グライヒェンベ…
  5. JR北海道全線踏破10日間の旅 10日目・最終日《苫小牧から様似(えりも岬)・その2》【実録・J…
PAGE TOP