サライ.jp

アロハ柄麦わら帽子

写真=ホワイト 

埼玉県東部に位置する春日部市は、昔から麦の生産地として栄え、麦わら帽子の製造が地場産業となって発展。現在は伝統工芸品となっている。

同地で明治13年(1880)創業の「田中帽子店」は、麦わら帽子を主とする帽子工場。全国的にこうした工場が減少する中、関東では貴重な存在だ。

長きにわたって一貫するこだわりは、「日本人の頭に合う帽子」。欧米人の頭は楕円形であるのに比べ、日本人は丸形。同店には、日本人の頭の形に合わせて作られた木型が豊富にあり、その木型をもとに、完成形を想像しながらかぶりやすい形に仕上げていく。そのため、海外製品とはひと味違う優れたフィット感が自慢である。

帽子作りの工程は昔も今も変わらず。縫製、型入れ、装飾と、職人が手の感覚と熟練の技術で仕上げていく。

フォルムは定番の中折れタイプに短めのツバで、やや後ろがアップした王道のシルエット。少し深めなので、安心のかぶり心地と評判が高い。

今回紹介するのはアロハ柄のリボンをアクセントに施した新作。かぶればダンディ間違いなしの麦わら帽子は、強い日差しから頭を守るだけでなく、通気性に優れるため、日本の夏には最適なアイテム。不快な暑い夏を爽快な気分に変える逸品である。

アロハ柄麦わら帽子

写真=ネイビー

【今日の逸品】
アロハ柄麦わら帽子

田中帽子店
11,000円(消費税込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア