新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

津南桐の米びつ|米の鮮度を保つ、新潟津南桐と群馬の職人技

津南桐の米びつ

左から6kg、10kg

真冬には3m以上もの積雪に覆われる豪雪地帯として有名な新潟県津南地方。その地で育つ桐は、厳しい冬の寒さによってじっくりと年輪を刻んで硬く締まり、柾目の詰まった木質となる。その津南桐を群馬県の桐匠 根津の職人が、見事な米びつに仕立てた。

古来、桐は貴重品を保管するための木材として重宝されてきたが、その理由は気密性の高さと調湿作用にある。米は精米直後から鮮度の低下が始まるが、そうした桐の性質が、劣化の原因となる外気や湿気から米を守るのだ。さらに防虫効果もあり、保管には最適。

特筆すべきは、米びつの製作を一手に担う職人、根津安臣氏の技巧にもある。驚くのは、その精緻さだ。

「桐は気温や湿度の変化に応じてわずかに伸縮します。それを考慮して本体と蓋には髪の毛一本分の隙間を設けます。そうすることで桐がしっかり呼吸をして、お米を守るのです。蓋はあえて複雑な作りにせず、メンテナンスフリーで長く使えるようにシンプルなかぶせ蓋を採用しました」と安臣氏。

日本人の主食たる米。そのおいしさを保つのもまた、日本の伝統的な木材と職人技なのである。

津南桐の米びつ

枡は二重底。写真の状態で1合が量れる。サライ読者のために安臣氏が考案したここでしか手に入らない希少品。一辺が尖とがっているのは、米をすくいやすくするため。

【今日の逸品】
津南桐の米びつ

『サライ』×桐匠 根津
12,150円~(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス…
  2. 水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献
  3. 尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒…
  4. イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグ…
  5. BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月…
PAGE TOP