新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕

枕職人がつくった快眠枕「ジムナストHIDA」

1923年、名古屋市中区長者町にて創業した「北村商店」を前身とする「まくらのキタムラ」。「眠ることばかりを考えて95年経った」という同社は、これまで72万個にも及ぶ枕を作ってきた。そしてたどりついた理想の枕が「ジムナストプラス」である。
「ジムナストプラスは寝返りをサポートするというコンセプトで作った枕です」と語るのは、まくらのキタムラの4代目・北村圭介氏。枕の中央より両サイドが高いのは、寝返りを打って頭が横向きになったときに必要な高さにしているから。また寝返りは頭を真横に動かすのではなく、胴体を起点に扇形に動くため、形状も弧を描いている。

その「ジムナストプラス」をベースに、飛騨高山の木工家具メーカー「飛騨産業」と試作を重ね、素材から開発されたのが本品だ。枕の詰め物の一部に、リラックス効果や調湿性を持つ杉のチップを採用。杉の香りに包まれながら、快適な睡眠をとることができる。

枕職人がつくった快眠枕「ジムナストHIDA」

詰め物を出し入れして、お好みに合わせて自由に高さの調整ができる。

【今日の逸品】
枕職人がつくった快眠枕「ジムナストHIDA」

まくらのキタムラ
17,280円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみが…
  2. スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近…
  3. ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高…
  4. 伊賀焼の片手ポット|伊賀の粗土で作った、多様に使える小さな土鍋
  5. 鉄打出し炒め鍋「HANAKO」|鉄板を数千回も叩いて仕上げたプロ…
PAGE TOP