新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

荷物をたくさん入れても軽い牛革リュック|極限まで薄くすいた革で驚くほど軽い

荷物をたくさん入れても軽い牛革リュック

創業以来60余年、一貫して手作りカバンを手掛けてきた森田鞄製作所(東京都荒川区)の逸品。

革製のリュックというと、重くて重厚という印象があるが、本誌オリジナルのリュックの自重はわずか500g、見かけは重厚だが指先でひょいと持ち上げられる軽さである。

その軽さの秘密は、素材に使われた本革の薄さにある。通常、リュックやカバンに使われる革の厚みは1.0〜1.2mm程度。ところが、このリュックに使われている革の厚みは最薄部でわずか0・6mmと、極端に薄い。耐久性を維持しながら薄さを実現するという矛盾を、高度な剥きの技術によって克服した素材である。

さて、薄い革だと今度は縫製が困難になる。「まるで紙にミシンを入れているような感覚」というのは、製造元の森田鞄製作所の職人だ。そこで素材に負担をかけないドイツ製のミシン針を使い、職人が神経を凝らしひとつひとつ丁寧に縫い上げていく。

軽さだけではなく、外側のファスナーポケットを始め収納の装備も万全、1泊程度なら充分な容量だ。ファスナーの引き手が長く開閉も楽。ウェストのバックルを留めれば落下やズレ防止に役立つ。軽い使い心地で軽快な街歩きを約束する、当本舗自慢の逸品である。

荷物をたくさん入れても軽い牛革リュック

軽量仕様ながら機能も満載、背あて肩あては三次元立体編みで成形され通気性が良く、クッション性も高い。

商品名/荷物をたくさん入れても軽い牛革リュック
メーカー名/『サライ』×森田鞄製作所(日本)
価 格(消費税8%込み)/32,400円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あの陸王を地で行く“足袋型歩行靴“ラフィート【メイドインニッポン…
  2. 木目込みの鈴が目出度い「桐のパンケース」【メイドインニッポン紀行…
  3. 織りと洗いの奇跡が生んだ市松デニムのバッグ【メイドインニッポン紀…
  4. 左からグレー、ブラック ウール混のニットをハンチングに仕上げた。 ウールニット・ハンチング|暖かなニット仕立ての定番ハンチング
  5. 付属のちろりも能作による錫製。熱伝導率がよく素早く燗がつけられる。 卓上で気軽に日本酒を燗付けできる錫の酒器『ミニかんすけ・匠』
PAGE TOP