堀文子 名作版画『ふしぐろせんのう』額装

葉の付け根の節が黒くなっていることから「節黒」の名を冠している。山野に自生する花で、暗い山林にひときわ輝く。決して群生しないところが、「群れない」を信条とする堀さんに通ずる。

日本画家・堀文子 名作版画『ふしぐろせんのう』額装

堀さんは、まるで植物学者のように植物を観察することから始め、どこから枝が出ているのかなどを見極めた。枝一本の曲がり具合の違いや、名もなき草花の花弁の形を絵に残そうとしたのだ。

版画として蘇った『ふしぐろせんのう』や『桔梗』などの植物画も、そのようにして生まれた。
《自然を師として学んだ私の絵は、人に見せるためでなく、刻々に移ろう命の不思議を描きとめたい一心から生まれたものです。その瞬間、瞬間の感動と私との一騎打ちの痕跡でしかありません》(『ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ』)

植物画は、堀さんの感動の痕跡なのである。

【今日の逸品】
堀文子 名作版画『ふしぐろせんのう』額装

ナカジマアート(日本)
82,500円(消費税込み)

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店