新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ3月号|大特集は奇想の日本美術&体がよろこぶ極上パンです。

文/編集部

『サライ』3月号は、昨今の江戸絵画ブームを牽引している「奇想の日本美術」の大特集に、体がよろこぶ「極上のパン」特集を合わせてご紹介する、奇想天外特大号です。そして特別付録は、今回の大特集にからめたサライ特製の「奇想の日本美術 絵はがきセット」です。

それでは今号の読みどころをご紹介いたしましょう。

【大特集】
江戸時代絵画は日本のルネッサンスだった
「奇想」の日本美術

かつて、伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう)や曽我蕭白(そが・しょうはく)、長沢芦雪(ながさわ・ろせつ)といった江戸時代絵画の絵師たちは、美術史の中で長らく傍流とされてきました。しかし、美術史家・辻惟雄さんの名著『奇想の系譜』に取り上げられたことにより、今や主流の中の前衛として人気を博しています。

今回の『サライ』巻頭特集は、東京都美術館で開催中の「奇想の系譜展」でも取り上げられている8人の奇想の絵師(若冲、蕭白、芦雪、又兵衛、山雪、其一、白隠、国芳)の魅力と作品の真髄を徹底紹介します。

おなじみ美術史家の山下裕二教授による解説や、図解でわかる江戸時代絵画史と人物相関図、そしてもちろん美麗な図版もたっぷり盛り込んだ、まさに永久保存版といえる内容です。

さらに今回は、若冲、芦雪、又兵衛の新発見・初公開作品を収録した特製絵はがきセットも付けました。はがきとしてお便りにお使いいただくのはもちろんのこと、額装して部屋に飾っていただくのもよいでしょう。

本特集で、平成の江戸絵画ブームの主役たちを総ざらいしてください。

【第2特集】
国産小麦、有機玄麦、天然酵母……素材を究めた職人自慢の逸品
体がよろこぶ極上パン

今、日本は空前のパンブームに沸いています。

ここ数年、独自の工夫を凝らして美味しいパンを焼く店が続々とオープンし、中には開店前から行列ができる人気店も少なくありません。

ひとくちにパンといっても、食パン、バゲット、惣菜パン、菓子パンなど、じつに多彩なパンが店頭に並んでいます。

『サライ』3月号の第2特集は、「体がよろこぶパン」と題し、小麦本来の旨味や香り、自家製酵母がつくりだす奥深い風味を活かして焼き上げた、毎日食べても飽きない美味しいパンを、関東から沖縄まで12の名店から厳選して紹介しています。いずれも、国産小麦や有機玄麦、自家製天然酵母など素材を究めたパン職人が試行錯誤を繰り返して完成させた、研鑽と創意工夫の結晶ともいえる個性豊かな逸品ばかりです。

さらに本特集では、ひと手間で格段に美味しくなるトースト術や、健康に配慮した体に優しいパンの食べ方、さらに、自宅で手軽にできる食パンの作り方も案内しています。

小誌のアンケートによると、サライ読者の約半数が毎日パンを食べています。本特集を参考に、主食にもなる美味しいパン選びの参考にしてみてはいかがでしょう。

*  *  *

以上、展覧会でも話題の「奇想の日本美術」の大特集に、みんな大好き「旨いパン」の特集を合わせた『サライ』3月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP