新着記事

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割
毎年10月第3日曜日は孫の日、今年、2019年は10月20日が孫の日でした。
株式会社りそな銀行は、株式会社セガゲームスが運営するシニアの趣味活動を応援するウェブサイト『シュミカツ!(https://segask.jp/)』の会員527人を対象に「祖父母と孫の関係」に関するwebアンケートを実施。祖父母と孫の間で想いは引き継がれているのか調査しました。

【調査概要】
調査対象:『シュミカツ!』に登録している全国の会員527名(男性356名、女性171名)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年9月27日~2019年10月6日
※シュミカツ!会員向けメールマガジンにアンケート用URLをつけ、配信する方法で調査しました。

■祖父母からかけてもらった言葉を覚えていないシニアの割合は約7割。

祖父母からかけてもらった“言葉”で、今も覚えているものはありますか(n=527、単一回答)祖父母からかけてもらった“言葉”で、今も覚えているものはありますか

祖父母からかけてもらった言葉を「覚えていない」71.2%(375人)。

■祖父母から手紙やメッセージをもらったことがないシニアは8割を超える。

その一方で、7割以上のシニアがもし祖父母からの手紙やメッセージがあれば見たいと回答。
祖父母から手紙やメッセージを「もらったことはない」86.9%(458人)。
「もらったことがない」と回答したうち、75.5%(346人)がもし手紙やメッセージがあれば「とても見たい」「どちらかというと見たい」と回答。

祖父母からもらった、あなたへの手紙やメッセージは今も手元にありますか(n=527、単一回答)祖父母からもらった、あなたへの手紙やメッセージは今も手元にありますか
もし、今も残っていたら、それを見たり読んだりしたいと思いますか。(n=458、単一回答)もし、今も残っていたら、それを見たり読んだりしたいと思いますか。

■孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割。

孫をもつシニア(207人)のうち、孫へ想いや言葉を伝えたいかについて、「とても思う」「どちらかというと思う」が79.7%(165人)、「どちらかというと思わない」「思わない」が20.3%(42人)。

お孫さまへご自身の“想い”や“言葉”を伝えたいと思いますか?(n=207、単一回答)お孫さまへご自身の“想い”や“言葉”を伝えたいと思いますか?

■お盆や年末年始以外に、孫と会うための工夫やきっかけ作りを行なっているシニアは4人に3人以上。

孫を持つシニア(207人)のうち、孫と会うための工夫やきっかけ作りについて、何かしら行なっている方が75.8%(157人)。「住まいの距離など、家庭の事情で、会うのが難しい」が10.0%(20人)、「特に何もしていない」が13.5%(28人)、「会いたいと思わない」が1.0%(2人)。
行なっている工夫やきっかけの第1位は同数(87人)で「外食」「イベント、テーマパーク、ショッピングなどのおでかけ」、第3位は「季節のイベントを一緒に祝う」(67人)。

お盆や年末年始以外に、あなたがお孫さまと会うために行なっている工夫やきっかけを教えてください。
(n=207、複数回答)お盆や年末年始以外に、あなたがお孫さまと会うために行なっている工夫やきっかけを教えてください。

お盆や年末年始以外に、あなたがお孫さまと会うために行なっている工夫やきっかけを教えてください。回答のうち、「住まいの距離など、家庭の事情で、会うのが難しい」「特に何もしていない」「会いたいと思わない」のみを選択したシニアは50人。残りの157人が何かしら孫と会うきっかけ作りを行なっているとわかりました。

※本調査レポートの百分率表示は小数点第2位で四捨五入の丸め計算を行なっているため、合計しても100%とならない場合がございます。

アンケートの結果、今のシニアは、「お年玉やおこづかい」などのお金、「旅行やレジャー」などの思い出、おもちゃのプレゼントといった従来的な想いの伝え方に加え、言葉で伝えるというニーズを持っていることがわかりました。

その背景には自身の祖父母から、自分に宛てた手紙やメッセージを見たり読んだりしたいという思いがあると調査結果からうかがえます。また、孫に会うため様々な工夫やきっかけ作りを行なっているシニアの姿も見て取れました。自分の孫とのコミュニケーションを大事にしたいと思うシニアの方が多いようです。

※りそな銀行調べ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 新時代の孫消費事情|「お盆玉」認知度初の40%突破!「シニアのリアル調査」結果より 平均29,700円!今どきシニアの4割以上が帰省してくる子や孫の…
  2. 「お盆玉」「ランドセル」「海外旅行」今どきシニアは孫にいくら使う…
PAGE TOP