新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

子どもの理想の成長は「勉強」よりも「体づくり」。男の子ママの約9割が「身長パパ超え」希望! 

子どもの理想の成長は「勉強」よりも「体づくり」。男の子ママの約9割が「身長パパ超え」希望! 「勉強ができて欲しい」「誰からも好かれる子になって欲しい」「礼儀正しくいて欲しい」など、子どもを育てていく上で親が思う期待は多くあります。雪印メグミルク株式会社(「よくわかる!骨と『MBP』講座」 https://www.mbp-labo.com/)が小中学生の子どもを持つ母親500名を対象に、「子どもの理想の成長」に関する調査を行いました。今の保護者たちは子どもに対してどのような期待を持っているのでしょうか。早速見ていきましょう。

■小中学生ママの95%が「子どもの成長スパート期は重要」だと回答

小中学生の間は、ぐっと身長が伸びたり体重が増えたりする、子どもの「成長スパート期」と言われています。そこで今回は、まさにお子さまが成長スパート期を迎える小中学生のお子さまをお持ちのママ500名を対象に調査を行いました。

はじめに、子どもの体の成長状況について聞きました。その結果、小学生ママの82%が「子どもが小学生になってから特に体の成長を感じる」、中学生ママの84%が「子どもが中学生になってから特に体の成長を感じる」と回答。小中学生期間は、特に子どもの「成長スパート」を実感するママが多いと言えそうです。続いて、成長スパート期は子どもにとって大切な時期だと思うか聞くと95%のママが「そう思う」と回答。大多数のママが「成長スパート期」を重要な時期だと捉えていることがわかります。

また、93%が「『成長スパート期』はできるだけのサポートをしてあげたい」と答えており、母親として子どもを支えたい気持ちが垣間見える結果となりました。

■「勉強」よりも「体づくり」! 男の子ママの約9割が「身長パパ超え」希望 

続いて、子どもの「成長スパート期」にあたり、「母親として気を遣いたいこと」を聞きました。その結果、1位は「大きく丈夫な体をつくること」(69%)。2位には「道徳・マナーを学ぶこと」(62%)、3位には「勉強・学力をのばすこと」(61%)が続きました。ママの関心事は「勉強」よりも「体づくり」にあることがわかります。

そこで「体づくり」に関して、さらに質問をしたところ、「子どもの身長を伸ばしてあげたい」というママが約9割(85%)となり、「子どもの体を大きくしてあげたい」(75%)人よりも多いという結果に。「体づくり」にあたって、「子どもの身長を伸ばしてあげたい」という思いはママたち共通の想いであると言えそうです。
特に男の子のママでは「子どもの身長は父親以上であってほしい」(85%)人が多く、大多数のママが“身長パパ超え”を望んでいることがわかります。

具体的な声としては、

「将来、子どもを見あげて会話ができれば、成長を感じて嬉しく感じると思う」(44歳/子ども:中学生男子)
「部活でバレーを頑張っているので、背が伸びて良い選手になってもらいたい」(46歳/子ども:中学生男子)

などの声がみられました。

■体づくりのサポートで大切なこと1位は「栄養バランス」。しかし72%が「自信なし」と回答   

続けて「成長スパート期の『体づくり』のためのサポートとして大切だと思うこと」を聞くと、1位は「栄養バランスが整った食事をさせること」(83%)、2位は「睡眠時間を確保すること」(82%)、3位は「三食きちんと食事をさせること」(76%)となりました。食事、特に栄養面のサポートに対する関心が高いことがわかります。

しかし、栄養面のサポートに対して十分に自信を持っているか聞くと、「自信がない」人が7割超(72%)と多数見られる結果となりました。

また、ママの関心が高い「子どもの身長」に関し、「身長を伸ばすのに必要だと思う栄養素」を聞くと1位に「カルシウム」(92%)、2位に「タンパク質」(68%)、3位に「ビタミン類」(55%)が続きました。

■カルシウムと一緒に骨づくりに重要な成分が「MBP」!

今回の調査では、多くのママが子どもの成長スパート期を重視しており、中でも「身長を伸ばしてあげたい」と考えているママが多いことがわかりました。また、特に成長スパート期のサポートとして、食事や栄養面でのサポートが重視されているものの、自信を持っているママは少数派であることがわかりました。

骨は主にカルシウムからできていますが、カルシウムと一緒にたんぱく質の一種である機能性成分「MBP」をしっかりとることが大切です。「MBP」は、牛乳にほんのわずかしか含まれていない成分ですが、カルシウムを骨に付着しやすくし、骨密度を高め、骨の成長をサポートする重要な成分です。さらに「MBP」は、「成長スパート期」のお子さまや、骨密度を維持したい「成熟期・高齢期」にも貢献します。

最後にママたちに「カルシウム」以外に骨の成長、骨づくりによい成分があると思うか聞くと78%が「知らない」と回答しており、まだまだ「MBP」の存在を知らない人が多く見られました。

***

いかがでしたか? 今の保護者は何より子どもたちの「体づくり」を意識しているようでした。しっかりとした体を作るサポートをすることで、長い人生を健康で過ごせるように育てることが一番の親の務めかもしれませんね。

 

<調査概要>
・調査対象:小学生・中学生の子ども(一人っ子)を持つママ 500名
 小学生男子のママ:125名、小学生女子のママ:125名、
 中学生男子のママ:125名、中学生女子のママ:125名
・調査期間:2019年10月9日(水)~10月10日(木) 
・調査方法:インターネット調査

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」トップ1…
  2. スポーツをしているお子様を応援する母親1,106人徹底調査 「スポーツをしている子どもの栄養管理」母親1000人に調査!応援…
PAGE TOP