新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

我が子を海外留学させる前に、知っておくべきこと【1,088人の高校留学経験者を調査】

海外留学するなら、高校時代がベスト!【1,088人の高校留学経験者に調査!】

3割以上が留学中にリタイアを検討したことがあると回答。注目されている高校留学を不安ではなくワクワクにさせるための解決方法とは?

お子さんが高校生、という方も多くいらっしゃると思います。高校生は様々なことに熱中できる非常に良い時期です。スポーツに熱中する方もいれば、今後控える大学受験や将来のために勉強に熱を入れる方、様々な方がいると思います。

中には、グローバルな視野を養うため・外国語を学ぶために、様々な経験のできる海外留学へ行く方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、海外留学支援事業を行っている「ディーサイド留学情報センター(https://www.d-sidejp.com/)」が実施した、高校の時に海外留学を経験したことのある方に「高校留学に関するアンケート調査」をご紹介します。夏休みが終わり、新しいことへ挑戦したいと考えている高校生や、その保護者の方はぜひご参考にしてください。

【調査概要】「高校留学」に関するアンケート調査
【調査期間】2019年8月27日(火)~2019年8月29日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,088人
【調査対象】高校生の時に海外留学を経験したことのある方
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

留学中の不安はコミュニケーションやホストファミリーとの関係という回答が多く集まる

まず、「高校で留学しようと思ったきっかけを教えてください」と質問すると、『語学勉強(49.4%)』という回答が最も多く、次いで『異文化交流(24.8%)』『進学や就職のため(14.1%)』『親からの勧め(7.4%)』『海外旅行(3.2%)』と続きました。高校で留学しようと思ったきっかけを教えてください

続いて、「留学へ行った国を教えてください」と質問すると、『アメリカ(41.1%)』『オーストラリア(19.4%)』『カナダ(18.4%)』『イギリス(10.3%)』『ニュージーランド(6.9%)』『アイルランド(1.1%)』という順になりました。
外国語や、将来に向けた勉強をするために様々な国へ留学に行かれる方が多いことが分かりました。

次に、「どのような留学形態をとりましたか?」と聞いてみると、『正規留学(ホームステイ)(54.8%)』という回答が最も多く、次いで『交換留学(ホームステイ)(35.5%)』『ボーディングスクール(学生寮)(8.5%)』と続きました。どのような留学形態をとりましたか?

また、「留学中に心配や不安になったことを教えてください(複数回答可)」と質問すると、『コミュニケーション(67.8%)』『ホストファミリーとの関係(46.8%)』『食生活(40.3%)』『学校生活(20.2%)』『政治問題や治安(8.5%)』という順になりました。
異国の地に1人で留学となると、やはり心配や不安なことも多いですよね。
学べることが多く、新しい挑戦としてワクワクしながら留学へ行ったのに、心配や不安要素が多く、負担になってしまった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

半数近くの方がリタイアをした・検討したことがあると回答!原因と解決方法とは?

そこで、「リタイア(退学を含む)またはリタイアを検討したことはありますか?」と質問すると、半数近くの方が『検討したことがある(36.3%)』『リタイア(退学を含む)した(12.0%)』と回答しました。リタイア(退学を含む)またはリタイアを検討したことはありますか?

『リタイア(退学を含む)した』『検討したことがある』と回答した方に、原因を聞いてみると、『ホームシックになった(31.6%)』という回答が最も多く、次いで『学校生活がうまくいかなかった(23.8%)』『食生活に馴染めなかった(20.2%)』『ホームステイ先とのトラブル(11.1%)』と続きました。

海外留学中にホームシックや学校生活・食生活に馴染めないなど、基本的な生活に支障が出てしまい、リタイア(退学を含む)やリタイアを検討をしてしまう実態があることが分かりました。
では、どのような対策をすれば最悪の事態を回避し、留学期間を充実した時間にできるのでしょうか。

そこで、『リタイア(退学を含む)した』『検討したことがある』と回答した方に、「そのような状況の時にどのようなことがあれば良いと思いましたか?」と質問すると、『留学先のサポート制度(39.4%)』『サポート会社のフォロー(23.6%)』『親のサポート(20.6%)』『友人のサポート(9.9%)』『ホストファミリーのサポート(6.5%)』という順になりました。そのような状況の時にどのようなことがあれば良いと思いましたか?

現地の方のサポートや、留学のプロであるサポート会社のフォローが手厚いほうが良いと考える方が合わせて63%と多いことが分かりました。
異国の地に一人で留学へ行き、不安なことが多いからこそ、プロや現地のサポートは必要不可欠ですよね。
留学は不安なことが多くありますが、得られることや良かったと思うこともそれ以上に多いと思います。

最後に、「留学して良かった(得た)ことを教えてください」と聞いてみると、

・観光地じゃない普通の生活に触れることができて良かった。(大阪府/20代/女性)
・海外に今でも付き合いのある大切な友人ができた。(東京都/30代/男性)
・グローバルな考え方ができるようになった。(茨城県/40代/男性)

などの意見が集まりました。

留学は様々な経験ができ、将来の視野も広がります。
充実した時間を過ごすためにも、不安要素をなくした状態で臨みたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP